昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「皇室に生まれ落ちたからという理由だけで、基本的人権たる『婚姻の自由』を剥奪、あるいは干渉することはあってはならない」(60歳・男性)

「一般人でも親の反対はある。秋篠宮様が『このままでは国民からの理解は得られないし、結婚には反対だ』と、お2人にはっきり伝えて、その結果、本来は支給されるはずの一時金なしで眞子さまが皇籍離脱するお気持ちなら何ら問題はないと思う」(71歳・女性)

「今は盲目になってる眞子さまを止めるのは無理。とりあえず結婚して目が覚める時が来るでしょう。そういうものですからね。恋って」(58歳・女性)

「眞子さまが皇室を離れても、幸せな生活が送れるのなら支持したい!! 海外で小室さんと新しい生活をスタートされても良いと思う」(38歳・男性)

「結婚は自由だが、大前提は『税金』を使わないこと。黒田清子さんのように民間に降嫁されても、元皇族としての義務を皇室行事の一端を担う事で果たされているからこそ、結婚の際に1億を超える税金を使っても納得できる。単に皇籍離脱されるだけであれば、一時金を払う必要はない」(57歳・女性)

「若い2人の希望を叶えてあげたい」(69歳・男性)

「借金は小室さんの母親の問題とは言え、その影響により、小室さんのイメージは悪い。法学部出身でもないにもかかわらず、急にアメリカへ留学してしまった彼の行動には、違和感がある。しかし、眞子さまがご結婚されたいのであれば、相手がどうであれ、ご本人の意思を尊重したい」(36歳・男性)

眞子さま ©JMPA

眞子さま「皇籍離脱」を【支持しない】人の答えは?

「結婚に反対されて意地になっているはず。リセットして冷静な判断をしてほしい」(40歳・女性)

「小室圭さんの印象が悪いから」(27歳・女性)

「イギリスと日本とでは人生観、世界観が違う。イギリス国民が認めても、日本国民には承服できないこともある。そのあたりを眞子さまにはご理解いただきたい」(67歳・男性)

「小室圭さん及び母親の今までの行動を鑑みれば、眞子さんと結婚して、将来の天皇となる悠仁さまの義兄となるには到底ふさわしいとは思われない」(69歳・男性)

「小室さんの借金問題が解決しない限り、眞子さまの幸福はありえない」(60歳・女性)

「眞子さまには、国民象徴である皇室の一員であることをきちんと認識して欲しい。また一人の大人として責任の有る行動が求められていると思う。軽率な行動は厳に慎まねば。相手の小室さんの家庭事情は一般社会においても到底理解できるものではない。また仮に借金問題が解決できたとしても結婚生活の安定は難しいと思う」(83歳・男性)

「とんでもない方と恋愛されたと呆れています。お付き合いの段階で学生時代の友人で止めておけばいいのに、小室さんの口の上手さにコロッとされたんですね! 皇室で育てられていらっしゃるのに、もっと自覚されてほしい。反対です」(61歳・女性)

「結婚してお2人が幸せになるのはとても良いことだと思う。しかし、この先、子どもが生まれたときに今起きている事の噂が絶えず付いて回り、苦労しそう。それぞれ他のお相手と人生を歩んだほうが幸せかもしれない」(28歳・女性)

「結婚したとしても、その後、もし離婚してしまった際に、眞子さまが困ってしまうと思う。再び皇室に戻ることも難しいから」(46歳・男性)

「眞子さまはまだ経験不足で純粋過ぎる方だと思う。もっと素敵で相応しい相手がたくさんいると思うので勿体ない」(40歳・女性)