昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

眞子さま「皇籍離脱」に【どちらでもない】人の答えは?

「皇籍離脱するときに一時金が発生するのなら反対。発生しないのなら賛成」(54歳・女性)

「日本の皇室とイギリスの王室を同等に扱うのは無理がある」(70歳・男性)

「どうしても眞子さまが結婚したいのなら仕方がない。結婚は本人の気持ちが一番大事だから。しかし、国民や秋篠宮さまの中に祝福出来ない気持ちがあるのも事実。何とも言えませんね……」(61歳・男性)

「結局のところ眞子さまと小室さん、お2人の気持ちや考えが分からない」(30歳・女性)

「いまひとつ2人の状況が分からない。もし今でもお互いに好意を持っているなら、結婚しても良いと思うが、そうは見えない。私には小室さんが海外に行ってしまったことが理解出来ない。本当に愛し合い、信じ合っているのであれば、どういう報道が出ても日本にいるべきだと思った」(62歳・男性)

「皇籍離脱したとしても血税を一切使わず、小室圭さんの収入のみで結婚式から生活まで行うのであれば良いと思うが、結局のところ中途半端に税金が利用されそうで、今のところどちらとも言えないという意見」(53歳・女性)

「もし、本当に眞子さまが幸せになられるなら、それもいいと思う。でも、今のお2人の状況だと、他人から見ると不安でしかたがない。どこの家でも親子の断絶はあるが、秋篠宮家の中でもっと話合うことも必要ではないか。それと眞子さま、圭さんに、意見を述べるよき人生の先輩となる方がいないのでしょうか」(73歳・女性)

カナダで新生活を送るメーガン妃とヘンリー王子(左)©共同通信社

Q2眞子さまの結婚問題に秋篠宮さまは?

Q2 昨年11月の誕生日会見で、秋篠宮さまは「結婚のことについては(眞子さまと)話す機会はありません」「小室家とは連絡をとっていません」と発言されました。秋篠宮さまは、父として率先して事態の収拾にあたるべきだと思いますか? それとも、28歳となられた眞子さまのご決断を待つべきだと思いますか?

 

 上記の秋篠宮の発言は物議を醸し、一部報道では「父娘断絶」などとも報道された。では、眞子さまの結婚問題に秋篠宮はどのような対応をするのが望ましいのか。「率先して事態の収拾にあたるべき」との回答が51%と半数以上にのぼり、「眞子さまの決断を待つべき」の29%を大きく上回る結果となった。

眞子さま結婚問題で秋篠宮は【率先して事態の収拾にあたるべき】の人の答えは?

「いくつになっても親は親なので、相談に参加してほしい」(40歳・女性)

「父親として娘との会話はもちろん、眞子さまに皇室の一員としての役割や自覚を諭すことも大切だと思う」(69歳・男性)

「これ程までこじれる結婚は結局上手く行くはずがない。一般の親子であってもそのことを娘に諭せない親と言うのは、今までよっぽど信頼関係が築けていないのだと思う……」(53歳・女性)

「皇族である以上、当事者のみで決められる話でないことは明白。父宮が介入して解決しなければならない」(72歳・男性)