昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「よく秋篠宮さまは『娘の考えを尊重したい』とおっしゃるが、いいように逃げているとしか思えない。個性を生かした教育も、放任主義であったとしか思えない。まだ、28歳の若者である眞子さまが今後のことや、相手のことに考えが及ばない場合は、たとえ本人が望まなくても、秋篠宮さまはきちんと家族として話すべき。それは皇室に限らず、一般家庭でもやっていること」(50歳・女性)

「そもそも今回の縁談に関して、全責任は秋篠宮(ご夫妻とも)にある。一般の我々にとっても、小室さんは娘の結婚相手としては考えにくいお相手である。こうなる前に親として皇族として、打つべき手はいくらでもあったはず」(54歳・女性)

「眞子さまがどうしても結婚したいということなら、親としてはっきり決断するべき。話し合いもなくダラダラと時間をかけても良いことはないと思う」(71歳・女性)

「一般家庭であれば、本人の意思を尊重する、でいいでしょう。でも、小室さんは皇位継承権のある悠仁さまの義兄になるかもしれないのに、秋篠宮さまが2人の結婚に手をこまねいておられるのは、国民に対して失礼」(60歳・女性)

娘の将来を憂う秋篠宮ご夫妻 ©JMPA

眞子さま結婚問題で秋篠宮は【眞子さまのご決断を待つべき】の人の答えは?

「父娘で話す機会がないのに、あえて事態に首をつっこんだところで、解決できる問題ではない。これはむしろ小室家の問題」(39歳・女性)

「秋篠宮殿下と眞子さまは、小室さんの誠意ある対応を静かに待っておられるのだと思う。『秋篠宮殿下自身が積極的に小室家と連絡を取り合うことが、父としての責任』とする意見には全く賛同できない。眞子さま自身がご決断することについては、皇室に関わりのない我々一般国民が『反対』などの意見をするべきではない」(50歳・男性)

「眞子さんももう大人なのだから、自分でしっかり考えるべき」(59歳・男性)

「自分が選んだ相手との問題は、当人同士で決着をつけるのが大人として当たり前。仮に暴力や犯罪など一人で抱え込むには大きすぎる問題に直面した場合に、家長が主導的に役割を果たすのが筋だと考える」(40歳・男性)

「秋篠宮は親として、できることは全てやっていると思う」(40歳・女性)

「娘を信じて、その決断を支持してあげてもいいと思う。小室さんの親の金銭問題を理由に引き裂くのだけは、やめてほしい。小室圭さんの事情にも理解を示してほしいと思う」(50歳・女性)

「秋篠宮家の内情は分からないが、ここまで拗れてしまった父娘関係だと、これ以上父親が口を出すと逆効果な気がする。眞子さまの周りの方々に小室さんを諦めるよう説得してもらう他ないと思う」(40歳・女性)

「止めろと言われれば、燃え上がるのが男女の仲。ハッキリ言って小室親子はかなりの人たちだと思うが、眞子さまは結婚すると思う」(58歳・女性)