昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

眞子さま結婚問題で【どちらでもない】の人の答えは?

小室圭さん ©JMPA

「父として心配なのも分かるし、でも眞子さまもいい大人だとも思う。どちらの気持ちもわかる気がするので、『~~べき!』と他人がいうのも野暮だなぁと思う」(31歳・女性)

「小室さんの金銭問題について、貸したお金か、貰ったお金かは当事者同士でしか解決出来ない。秋篠宮さまが仲裁に入るわけにもいかず、ただ見守るしかない」(46歳・男性)

「秋篠宮家の中で決めること。ただ、秋篠宮は家族内の会話の有無を、他人に言う必要はないだろう」(57歳・男性)

「小室圭さんからアクションがなければ、どうしようもない」(49歳・男性)

「皇室内部の事情は私たちには分かりませんし、知る必要もないこと。これは皇室の問題。ただ、小室家との連絡を含めて事態の収拾にあたるべき責任は宮内庁にあると思う」(60歳・男性)


Q3女系天皇の実現はすべきか?

Q3 「男系男子(父方に天皇の血を引く)のみ」という現行の皇位継承ルールに基づくと、将来的に皇室に残るのは悠仁さまお一人になる見込みです。また、悠仁さまのお妃が男子を産まなければ、皇統は絶えてしまいます。対処策として、女性・女系天皇、女性宮家、旧宮家の皇籍復帰などは実現すべきだと思いますか? 以下の項目から賛成のものにチェックを入れてください(複数回答可)。

 

 御代替わりを機にますます、悠仁さま以降の皇統の存続を危ぶむ声が聞かれるようになった。では、どんな対応策が望ましいのか。「女性・女系天皇」の実現に投じた人が圧倒的に多く609票だった。次いで「女性宮家の創設」が216票、「旧宮家の皇籍復帰」が219票。反対に「今の皇位継承ルールのもと、皇統が途絶えたら仕方ない」との回答に207票と一定数が入ったことも注目すべき傾向だろう。

皇位継承策として【女性・女系天皇】賛成の人の答えは?

「海外の王室と同様に、日本も寛容になっていいと思う。必ずしも男子が生まれてくるとは限らないし、将来のお妃様の精神的なプレッシャーが軽減される」(36歳・男性)

「血筋だと言っているのは皇室だけ。そんなことを言っていられないくらい少子化は進んでいる。性別を選んで出産はできないのだから、男女関係なく継ぐべきだ」(39歳・女性)

「何故、男子以外は天皇になれないのか。男尊女卑の極み」(37歳・女性)

「女系天皇には反対だが、女性天皇まではやむを得ない。日本のこれまでの歴史や成り立ちを考えても、女性天皇を否定するほうがむしろおかしい」(52歳・男性)

「男女で分けることなく、長子による継承を基本と考える」(66歳・男性)

「聡明な愛子さまこそ女性天皇にふさわしい。はるか昔に推古天皇が初めての女性天皇になられて国は栄えたという。今こそ女性が天皇になるべき。」(58歳・女性)