昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【「立皇嗣の礼」延期】「彼の悩む姿が辛かった」秋篠宮の胸中を最も近い記者が明かした

1000人アンケート!秋篠宮家論争《後篇》

 本来であれば、今日4月19日に行われるはずだった「立皇嗣の礼」。秋篠宮が皇位継承順位1位の皇嗣となったことを国内外に宣言する儀式だが、新型コロナウイルスの感染拡大で、東京など7都府県に緊急事態宣言が出ていることを考慮して、4月14日の閣議で政府が「延期」を決定した。

  2020年は、秋篠宮家にとって、文字通り「勝負の年」となるはずだった。「立皇嗣の礼」のほかにも、眞子さまと小室圭さんの結婚についても2年という延期の期限を迎える年。実際、秋篠宮自身も、昨年11月の誕生日会見で「何らかのことは発表する必要があると私は思っております」と述べていた。また、悠仁さま以降の安定的な皇位継承策の検討に向けて、政府が「旧宮家の復帰」を有識者にヒアリングしていたことが明らかになるなど、ここにきて秋篠宮家への注目度は高まっている。

1990年、結婚式での秋篠宮ご夫妻 ©共同通信社

 週刊文春WOMAN編集部では、文春オンラインで「【皇室アンケート】眞子さまと小室圭さんの結婚についてどう考えますか?」を実施(2月19日~28日の10日間。有効回答数1002通)。「眞子さまのご結婚」「秋篠宮さまと眞子さまの父娘関係」「将来の皇位継承について」「皇嗣となった秋篠宮家の改革」という4つのテーマについて意見を募集し、発売中の「週刊文春WOMAN」2020春号でその結果と分析記事を掲載した。前篇では、誌面に収録しきれなかった具体的回答例を紹介したが、後篇では、アンケート結果を受けて毎日新聞編集委員・江森敬治氏が寄稿した文章を紹介する。(全2回の2回目/前編から続く)

秋篠宮はぐっとがまんを続けている

「30年ほど、私はそばで秋篠宮を見てきている。ここ数年、思い悩む彼の姿を目にしてきた。これは私にとって辛い体験だった」

『週刊文春WOMAN』2020春号

 秋篠宮の知られざる胸中についてこう言及したのは、毎日新聞編集委員の江森敬治氏だ。“秋篠宮に最も近い記者”として知られる江森氏は、「週刊文春WOMAN」2020春号で、ごく最近も交流を続ける中で感じた秋篠宮の真意を多方面にわたって明かしている。

 秋篠宮は2018年11月の誕生日会見の際に、眞子さまの結婚を認める上で「多くの人が納得し喜んでくれる状況」を条件として挙げている。江森氏はこの発言の本当の意味を、今回、初めて明らかにした。

「秋篠宮夫妻は、天皇や皇族の行動には、国民からの支持と理解が不可欠であると、考えている。その意味からも、小室圭氏との結婚をあきらめきれない眞子内親王に不安を感じているのではなかろうか」

「秋篠宮は自分が結婚した当時、国民から受けた熱烈な祝福と歓迎を、今でも重く、懐かしく受け止めているように思う。昨年11月、新天皇の即位を祝うパレード『祝賀御列の儀』が都心で催された。沿道には約11万9千人もの人々が詰めかけ、天皇と雅子皇后に手を振り、声をかけ、即位を祝ったが、同じような光景が、約30年前の秋篠宮夫妻の結婚の時にも繰り広げられたのだ。娘の結婚も、自分たちの結婚のように多くの国民から歓迎されるものでなくてはいけない。秋篠宮はこう考えているのだと思う」