昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

石田純一 沖縄で2回のゴルフを予定していた

 新型コロナウイルスに感染したことを公表した俳優の石田純一(66)。4月5日に茨城県内で、11日には沖縄でゴルフしていたことが明らかになっているが、実は13日にも別のゴルフ場でプレーを予定していたことが、「週刊文春」の取材で分かった。

石田純一 ©共同通信社

 石田は、芸能界きってのゴルフ好きで知られる。プロアマトーナメントの常連でもあり、腕前はシングルを誇る。今回のコロナ感染を巡っては、4月11日、出張先の沖縄で体調悪化を感じたのが、ゴルフ場だったことを公表していた。沖縄の飲食業関係者が明かす。

「当時沖縄では、既に知事が来県自粛を呼び掛けていた。沖縄出張の理由は、那覇市内にオープンした韓国料理店のコロナ対策を現地で検討するためと説明しています。ただ、4月11日だけでなく、13日にも別のリゾートゴルフコースでラウンドする予定を入れていました」

 石田は、11日に体調が悪化していたため、13日はキャンセルしたが、沖縄に同行したビジネスパートナーはプレーしたという。

「従業員の間では、ビジネスパートナーも石田さんの濃厚接触者なので、不安が広がっています。11日、13日のゴルフ場も、仕事先の那覇市から距離がある。ゴルフのために沖縄に来たのでは、と批判の声があがっています」(同前)

子供がTV電話でエール(東尾理子オフィシャルブログ)

 石田とゴルフを巡っては、前述のように4月5日にも茨城県でプレーしていたことが明らかになっている。

「この日集まったのは、石田さんのほかに人材関連企業の創業者や、六本木の高級寿司店の大将ら8人。ゴルフを終えると、飲食業に従事する2人の女性が加わって、食事を楽しんだ。この中から、2人の女性と男性、石田の4名の感染者が出ています」(芸能関係者)

 さらに、3月下旬には、羽田空港の車寄せでゴルフバッグを担ぐ石田の姿が目撃されていた。また、同じ頃、ハワイでの目撃証言も小誌に寄せられている。

妻の東尾理子はプロゴルファー ©文藝春秋

 石田の事務所は、茨城県でのゴルフについては、4月20日の時点では「把握していない」としていたが、21日になって「記憶を混同しておりました。マネージャーが茨城県のゴルフ場まで送迎したが、プライベートな集まりであり、参加者までは把握しておりません」と説明した。また、ハワイ渡航に関しては、「ハワイに行ったのは事実です。スポンサーの関係で2~3泊の日程でした。仕事です」と回答した。

 4月23日(木)発売の「週刊文春」では、石田と沖縄に行ったビジネスパートナーは何者だったのかを報じるとともに、昭恵夫人の暴走を止められない安倍晋三首相の現在や“コロナ破産”の裏でポルシェを供与されていた元AKBメンバーなど、「小誌だけが書ける『コロナの真実』」を23ページにわたって詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー