昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「44億円破産」した接骨院MJG 元AKB板野友美にポルシェ“供与”

 4月10日に約44億円の負債を抱えて破産した大手接骨院チェーンMJG。2011年創業の同社は接骨院、整体院を全国に展開。骨盤矯正などを売りに2019年末までに178店舗を展開する業界最大手として急成長を遂げていた。

 現在、各店舗のドアには「新型コロナウイルスの感染拡大による営業中止」と貼り紙がされるなど、“コロナ破産”にもうつるが、同社では以前からトラブルが続出していた。

臨時休業の貼り紙 ©文藝春秋

 元社員が明かす。

「新規出店のなかには不採算店が多く、資金繰りが厳しかった。2019年11月にはダイエットプログラムの効果に根拠がないと、埼玉県から景品表示法違反の是正勧告を受け、銀行の融資もストップしました」

首都圏中心に店舗を展開 ©文藝春秋

 財務状況の悪化に拍車をかけたのは同社の木﨑優太社長(33)の金銭感覚だ。

「とにかく派手好きなんです。日焼けした肌を高級スーツで包み、口癖は『社員に夢を見させたい』。2019年の報酬は約2億5000万円ですが、キャバクラで800万円を1日で使い、社長室経費扱いにしていたこともあった」(同前)

木﨑氏は著書も出版

 社長の浪費のなかでも目立つのが、AKB元メンバーの板野友美(28)との“密接な関係”だ。2019年度のイメージキャラクターに板野を起用したのだが――。

「木﨑社長は飲み会などで『板野には年間数千万払っている』と豪語していました。さらに板野さんの母親が社長を務める会社が横浜市内のMJG整体院のオーナーとなっています。この店舗は、社長案件となっており、他のフランチャイズ店舗よりも優遇されていた。2000万円弱かかる初期費用のほか、広告費用も免除され、赤字補填もする。経営リスクはほとんどゼロです。板野さんの妹でグラビアアイドルの成美さん(24)もMJGの従業員として登録されており、給料が支払われていました」(同前)

板野友美 ©文藝春秋

 不可解なことに、経営が悪化する中でも、MJGによる板野家への支援は続けられた。

「MJGが社用車としてリースしていた高級車『ポルシェ・マカン』を19年11月から、板野さんの専用車として供与していたのです。最低でも700万円以上する車です。同月末には、受付スタッフ全員を事実上のリストラ処分にしていたので、余裕のある状況ではなかったはずですけど……」(同前)

 板野の所属事務所は、「週刊文春」の取材に次のように回答した。

「何度かポルシェをお借りしていたのは事実です。仕事上の関係です。報酬や契約、母親の業務についてはお答えできません」

 4月23日(木)発売の「週刊文春」では、同社と板野の密接な関係に加え、突然の破産に怒りの声をあげる顧客についても詳報するとともに、昭恵夫人の暴走を止められない安倍晋三首相の現在や宣言2日後に「30万円豪遊」した自民党幹部の実名など、「小誌だけが書ける『コロナの真実』」を23ページにわたって詳報する。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

文春リークス

あなたの目の前で起きた“事件”募集!

この記事の写真(12枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー