昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

King Gnu井口《半同棲報道》ファンは映画デートも目撃「元カノを引きずってる」発言も

「元カノです。昨日別れました」

 2019年12月6日早朝、「週刊文春デジタル」取材班の直撃取材にこう答えていた人気バンド「King Gnu(キングヌー)」のボーカル井口理(さとる・26)。高畑充希似の美女・A子さんとの交際について、写真を見せて話を聞いたところ、「昨日別れた」と答えたのだった。

2019年12月6日、井口とメンバーの新井和輝を直撃 ©文藝春秋

 家賃7万円代のコーポでバンドメンバーとつましい共同生活を送っていた井口。そのバンド活動をA子さんは長年支えてきた。

2019年11月、井口と高畑充希似の美女のA子さん ©文藝春秋

 あれから華々しい紅白歌合戦での演奏を経て、バンドの名前は全国区になった。そして4月24日に発売された「フライデー」が、井口とアイドルユニット「ゆるめるモ!」の元メンバー「あの」の“新居半同棲”を報道したのだった。

 半同棲報道にKing Gnuの女性ファンたちはSNS上で悲鳴を上げた。これを受けて井口は26日にツイッターのアカウントを削除。インスタグラムで《前々から色んな声が自分には雑音になってしまっていた》と述べた。

 芸能担当のスポーツ紙記者が話す。

「メンバーの常田大希(27)もツイッターで《この一件で離れたと言ってるファンなんざ引き止める義理もねえ。鳴らしてる音が全てだろ? なあ兄弟》と援護射撃していました。もともと彼らには、アイドルのように女性関係に気を付けるなんて意識はまったくない」

常田大希のツイート(4月26日)
King Gnuのメンバー(常田大希のTwitterより)

 実は、「あの」と井口の仲は3カ月以上前からファンによって目撃されていた。コアなファンたちはそっと見守っていたようだ。