昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“3密”を避けられず、自主休業が続出……コロナ禍で進行しつつある「介護崩壊」の現場

異業種参入組の経営状態ボロボロ

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会, 経済, 働き方, 企業

コロナ禍で進行しつつある「介護崩壊」の恐るべき現状

介護現場は「3密」になりやすい。そのため感染を恐れた事業者側が休業するケースが増え、「介護崩壊」が懸念されている。ケアマネジャーを取材している相沢光一氏は「動きが遅いといわれる厚労省ですが、コロナ禍の『介護崩壊』の危機に関してはいち早く制度変更に動いています。ただし、今後の動向は予断を許しません」という——。

写真=iStock.com/SetsukoN ※写真はイメージです - 写真=iStock.com/SetsukoN

コロナ禍で厚労省の「体質」に変化の兆しか

お尻が重く、動きも遅い——。それが「お役所」や「お役人」に対するイメージという方も多いかもしれません。埼玉県の社会福祉法人に所属するケアマネジャーのKさんもそうでした。

「私たち介護業の所管省庁である厚生労働省は喫緊の課題があっても、すぐには改善に向けて動いてくれません。業界全体の問題だったとしても『わかりました。介護保険法改正時(3年に1度)に検討しましょう』と言うだけで放置されるのが常でした」

大いにうなずく読者もいるでしょうが、Kさんはこう続けました。

「でもね、最近の厚労省はちょっと違うんですよ。新型コロナ禍対応のため、迅速かつ率先して動くようになってきたんです」

466億円かけた「アベノマスク」は世間で不評だが、介護施設では……

Kさんが評価する厚労省の対応のひとつが「マスクの配布」です。

「私が勤務する法人は老人保健施設を運営しているんですが、そこに4月上旬、布製のマスクが150枚届きました。おそらく全世帯に2枚ずつ配られることになったマスクと同じものです。指摘されているようにサイズが小さく、男性がつけると鼻の部分が出てしまう。ケアに使うには十分とはいえませんが、幸いウチの施設では不織布マスクの在庫がまだあるので職員はそれを使い、配布された布マスクは入所者の方に使ってもらっています」

入所者が1日使った布マスクは回収して洗濯。清潔にしたものを再利用というシステムを作ったといいます。

「それまでは利用者の方も在庫の不織布マスクを使っていただいていたんですが、布マスクが届いたことで不織布マスクの節約になります。その意味ではとても助かっています」