昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“飲み会フットワーク”が軽い桑子アナ

「もともと2人とも、よく飲みに出かけていたのが三軒茶屋の街。桑子が行きつけのダイニングバーがあり、そこから友達とハシゴ酒しているそうです。小澤もその店の近くに行きつけのワインバーがある。俳優の和田正人(40)を介して知り合ったという話ですが、やはり和田も三茶でよく飲んでいるので、飲み仲間として段々仲良くなっていったのでしょう」(同前)

桑子アナ

 NHKのスタッフも桑子の“飲み会フットワーク”は軽いと証言する。

「ディレクターや記者と飲んでいる時、酔ったノリで、同期の奴に『今から来てよ』と誘わせたら本当にやって来た。飲むと少し顔が赤くなって可愛かったですね」

桑子と小澤、共通の趣味

 飲みエリアともう一つ、共通して嗜(たしな)むのが音楽だ。

「桑子は東京外語大の出身なんですが、『ブラジル研究会』というサンバなどの音楽を演奏するサークルに入って、パーカッションを担当していました。大人しい子が多い大学なんですけど、“ブラ研”ははっちゃけた子が多く、飲みサークルとしても知られていた。彼女は当時、明るい茶髪で、サークルのアイドル的存在でしたね」(外大OB)

 一方の小澤も楽器を操る。

「彼はギターと歌がとっても上手い。8年前、お姉さんの征良さんの結婚式の時にも、当時付き合っていた杏さんとギターの弾き語りで『3年目の浮気』をデュエットしていた。芸達者なんですよ」(小澤の知人)