昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

夫婦関係は驚きの展開へ。杏樹はどうなる……

 貴城を奈落の底に突き落とした喜多村が初めて心境を告白したのは、「週刊文春」3月26日号だった。喜多村は取材に対し「あれから妻とは一度も会えていません」「傷つけてしまったことを一生かけて返していきたい」と胸の内を吐露。杏樹については「もう鈴木さんとお付き合いすることはできません」と別離を宣言した。

 夫婦の共通の知人が匿名を条件に打ち明ける。

「今年2月上旬以降、喜多村さんは妻に毎日のようにショートメールを送っていますが、梨のつぶてでした。そのため妻と共通の知り合いである弁護士を通じ、彼女へのメッセージを送ったのです。その意向を彼女が受け、このまま夫婦関係を継続させていくことを決意したといいます。現在、弁護士が仲介役となり、夫婦関係の修復に向けて話し合いが進められています」

宙組のトップスターだった ©時事通信社

 現在、喜多村は「鈴木さんとは一切連絡を取っていない」と公言している。

「杏樹さんは海外渡航を計画していましたが、新型コロナの影響で頓挫し、現在は週1回のラジオ番組をこなす日々。(喜多村の)夫婦関係が白黒ついた段階で、彼から正式に謝罪を受ける流れになっています」(前出・芸能プロ関係者)

 多くの禍根を残した不倫劇。今、第二幕が切って落とされようとしている。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー