昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

箕輪氏が「『Aちゃんの家に行きたい』と言い出した」

 A子さんは「私はいつでも切り捨てられると思われていたのかもしれません」と沈鬱な面持ちで振り返る。

「松浦さんの本の依頼を受けて2週間くらいした頃、箕輪さんが突然『Aちゃんの家に行きたい』と言い出したことがありました。やんわりと断ったのですが『お願い!』『絶対変なことしないから!』とごり押しされて……。ホテルに誘うようなメッセージも送られてきました」

 箕輪氏は既婚者だ。2010年に25歳で結婚し、2人の子供がいる。しかし、A子さんに対して送ったメッセージはあまりに露骨だ。

「お城みたいなとこあったからそこ行こう!」

 2016年12月15日深夜から翌16日夜にかけて、箕輪氏はA子さんの自宅へ行きたいといった旨のメッセージを送っている。

箕輪《明日Aちゃんち行きたい。家じゃなくてもいいし、何時でもいいから!》(2016年12月15日午後11時57分)

箕輪氏とのメッセージ。「明日Aちゃんち行きたい」

箕輪《絶対変なことしないから!》

A子《あ!それ!風俗で培った、なし崩しの技ですね!》

箕輪《Aちゃん、ほんとお願い。技とかじゃなくて、ただゆっくりしたいだけ!》

箕輪氏とのメッセージ。「絶対変なことしないから!」「ほんとお願い」

箕輪《お城みたいなとこあったからそこ行こう!あとは入ってから、話そう なんか色々遊べるし、DVDとか見れるし!》

箕輪《お願いします。心から優しくします。》

A子《優しくしてください!カフェで。》

箕輪氏とのメッセージ。「お願いします。心から優しくします」

A子《もしみのちゃん暇できたら、お茶でも笑》

箕輪《Aちゃんちで?》

箕輪氏とのメッセージ。「下心がまったくない」
箕輪氏とのメッセージ。「住所教えて」

 

A子《家別にいいんですけど、本気で狭いし何も起こらないですよ!》

箕輪《いきます!下心がまったくない》

箕輪《○○○(A子さんが依頼された別の仕事)半分書きます!》

箕輪氏とのメッセージ。A子さんが忙しいことを案じて「半分書きます」と仕事を手伝う意向を伝える箕輪氏

「仕事の発注元である担当編集者に対して断り続けるのも負担で、結局は『仕事を手伝ってあげるだけだから』という箕輪さんの言葉を信じ、夜9時ごろに仕方なく家に上げてしまいました。でも、間違いでした。

 箕輪さんは家にあがってこたつに腰を落ち着けるなり、『触っていいですか?』『キスしませんか?』とくっついてきて、いくら拒もうと強引に体を触ってきたのです。本当にやめてほしくて、『無理です、もう帰ってください』と強引に家から追い出しました。すると最後、箕輪さんは『じゃあ握手しませんか』って手を差し出してきたんです。仕方ないから握手をしてから別れました」