昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

スタートでつまずいた「楽天モバイル」 最大の不安材料は三木谷社長か?

有能な人間ほど離れていく……

source : 提携メディア

genre : ニュース, 経済, 企業, 商品

"落胆モバイル"の三木谷社長に楽天の有能人材が絶望した

楽天モバイルは正直どうなのか

4月8日、第4のキャリアとして楽天モバイルが本格的なサービスを開始した。既存3キャリアの複雑で割高な料金プラン設定との明確な違いを打ち出すため、楽天モバイルは月額2980円でインターネット使い放題の1プランのみを用意。しかも先着300万人までは月額料金が1年間無料という大盤振る舞いである。

楽天モバイル公式HPより。

もっとも、ネットが使い放題なのは大都市の地上など、同社が自前で構築した回線網につながった場合のみ。地下鉄や地下街、地方部などでは提携しているKDDIの回線につながり、その場合は月間で5GBまでしか使えず、容量をオーバーした場合は通信速度が1秒当たり1Mbps(メガビット)まで低下する。

とはいえ、1メガビットの速度があれば動画の視聴も可能であり、楽天モバイルのプランがかなりの訴求力を持っていることは間違いない。だからこそサービス開始後、どれほどのユーザーを集められるかに注目が集まっていたのだが、スタート直前に想定外の荒波に巻き込まれてしまった。

悪すぎる初動、タイミングに完敗

もうお察しだろうが、コロナ禍の真っただ中での船出を強いられたのだ。結果、どうなったのか? ITジャーナリストの石川温氏が語る。

「テレビCMはばんばん流れているのに、4月6日から全国の楽天モバイルショップが感染拡大防止のため順次、臨時休業に入っています。その上、誰もが目の前の生活に手いっぱいで、携帯キャリア乗り換えの検討まではなかなか気が回らない。こうした状況でのサービス開始は、いかにもタイミングが悪かったですね。楽天モバイルの契約者数は3月下旬時点で20万台程度と言われています。『300万人までは月額料金1年間無料』の出血サービスまで打ち出していたことを考えると、かなり悪い初動と言わざるを得ません」(石川氏、以下同)

ただしつまずきはタイミングの悪さだけによるものではなく、サービス内容の根本的な問題に起因するところも少なくないようだ。