昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

徐々に見えてくる疑惑 17歳の“完璧な優等生”の正体とは…… 「ルース・エドガー」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

白人の養父母とバージニア州に暮らす17歳のルース・エドガー(ケルヴィン・ハリソン・Jr.)は、文武両道に秀でた模範生だ。アフリカの紛争国に生まれた黒人というハンデを克服した彼は、自由の国アメリカを象徴する存在として、周囲の期待を一身に背負っている。彼の順風満帆な日常は、同じアフリカ系の女性教師ウィルソン(オクタヴィア・スペンサー)に提出した課題のレポートをきっかけに揺らぎ出す。ウィルソンはルースが危険な過激思想に心酔し、ロッカーに違法な花火を隠し持っていたと、養母のエイミー(ナオミ・ワッツ)に報告する。エイミーと夫のピーター(ティム・ロス)は、愛する息子を信じて守り抜こうとするが……。

〈解説〉

人間の本質や、アメリカの理想と現実に迫る、ヒューマン・サスペンス。『クローバーフィールド・パラドックス』のジュリアス・オナー監督作。110分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆やや演劇的な作為が気になるが、二転三転、リベラルの弱みをつく意外な展開に。追及者を黒人女性教師にしたのが正解。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆元が舞台劇だけに神経をざわつかせる台詞が多いが、挑発的な問題児の造型と不穏なサスペンスに磁力。若い主役に注目。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆様々な背景を織り交ぜての知の暴力。ルースが冷血ならば不気味な恐怖が増したのに。これじゃ若者が憧れる反逆者?

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆「優等生キャラ」に擬態して社会適応する黒人少年。孤独の闇の奥を内観しながら、米国的物語への批評も立ち上がる。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆人種、富、差別、などスリラー要素といい、観終わっても謎残る仕掛け。スペンサーとハリソンJr.の演技は相乗効果大。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© 2018 DFG PICTURES INC. ALL RIGHTS RESERVED

INFORMATION

「ルース・エドガー」(米)
ヒューマントラストシネマ渋谷ほか、近日公開予定。今後の予定は公式サイトでご確認ください。
http://luce-edgar.com/

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!