昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

幻冬舎 箕輪厚介氏「何がセクハラだよボケ」「俺の罪って重くない」「反省してない」オンラインサロン会員へ大放言《動画入手》

 5月16日、「文春オンライン」はエイベックス松浦勝人氏の自伝本にまつわる出版トラブルを報じた。(#1《CEO退任》エイベックス松浦氏が「偽装離婚で税金逃れ」を告白した“幻の自伝本”インタビュー音声を公開、#2「《絶対変なことしない》《でもキスしたい》幻冬舎・箕輪氏が不倫関係を迫った『エイベックス松浦自伝』出版中止の真相」参照)

 2016年12月頃、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏(34)がライターのA子さんに松浦氏自伝本の取材・執筆を依頼。A子さんは約2カ月で約10万字の原稿を書き上げたが結局は出版されず、原稿料が支払われることはなかった。そして制作過程では箕輪氏がA子さんに対して「絶対変なことしない」「でもキスしたい」などのメッセージを送り、A子さんの自宅へ押しかけるなどのセクハラ行為に及んでいたことも明らかになっている。

オンラインサロン会員への生配信を行った箕輪氏
箕輪厚介氏 ©文藝春秋

沈黙から一転、数百件のリツイートと“トラップ”投稿

 報道後、箕輪氏はそれまで毎日複数回行っていたSNSへの投稿を止め、報道に対して沈黙を守っていた。しかし5月19日、自身が編集したという堀江貴文氏の新著「東京改造計画」(NewsPicks Book、幻冬舎刊)のプロモーションを突如開始。「東京改造計画」に関するツイートを300件近くリツイートした。

箕輪氏が投稿したプロモーション。投稿には報道について言及しない箕輪氏に対して多くのコメントもついていた

 しかしそんななか、“謎めいた呟き”が投稿された。

「箕輪さんはプロモーションリツイートに紛れこませるように、突如《トラップ。よろしくお願いします。》という呟きを投稿しました。おそらく自分のファンが集うオンラインサロン『箕輪編集室』の会員に向けたメッセージだったのでしょう。リプライでは《やはりハニートラップだったんですね!》《文春砲不発に終わる》などと沸き立ちました。しかしその後、“トラップツイート”について説明することはなく、翌朝にはツイート自体が削除されていました」(オンラインサロン「箕輪編集室」関係者)

約半日で削除された「トラップ」ツイート

「箕輪編集室」は箕輪氏が「こっちの世界に来て、革命を起こそう」と謳い、運営している有料オンラインサロンだ。月額5940円の有料会員制で、現在の会員は約1500名。毎月数名ずつ新規会員募集を行い、中学生以上であれば入会資格があるという。会員は非公開のFacebookグループに参加でき、箕輪氏をはじめとしたサロンメンバーと交流することができる。箕輪氏は2018年5月、「週刊SPA!」(扶桑社)のインタビューで「オンラインサロンでの収入は月600万円」であると語っている。

「箕輪編集室」の公式Twitterアカウント

報道から4日後、箕輪氏がライブ動画を配信

「箕輪さんのサロンでは、編集だけでなく動画制作やイベント運営など様々な活動が行われています。サロン内では箕輪さんの著書『死ぬこと以外かすり傷』(マガジンハウス)を“経典”と呼ぶなど、会員の多くは箕輪さんに憧れを抱くいわゆる“信者”が多い。箕輪さんは“トラップツイート”をした翌20日、彼らに向けてライブ動画を配信しました。そのなかで文春オンラインの報道に対して《何がセクハラだよボケ。あいつが一番キチガイじゃねえか》《俺は反省してないです。ふざけんなバーカ》などと発言していました。一部信者は盛り上がっていましたが、ショックを受けた会員も多かったようです」(同前)

 箕輪氏の配信は約36分間続いたという。取材班はそのライブ配信の録画動画を入手した。