昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

男を部屋に連れ込んだ女性自衛官

 その女性自衛官とは「助教」と呼ばれる3等陸曹(27)。実はこの3曹は、看護学科指導官室に所属しており、レイプ被害を訴えたB子さんらを担当していた。

「今年1月の22時過ぎ、敷地内に不審な男がいるとの通報を受けて所沢署の警官が駆け付けました。女性3曹が留守中、彼女の部屋に男が出入りしていたのです。昨年あたりから、マラソン中の学生らにも、男の姿が頻繁に目撃されており、『男を宿舎に勝手に住まわせている』と噂になっていました。男は女性の恋人だといい、地方紙の元記者で、現在はIT関連の会社員。その彼に、南側通用門の暗証番号を勝手に教えていたのです。学校の調べに対して彼女は当初、『教えていない』と虚偽の報告をしていました。その6日後、3曹の留守中に再び通報があり、また警察が来る騒ぎに。彼女は、部外者に対する秘密漏洩事案を起こしながら、この春から自衛隊の広報部門に栄転しています」(別の防衛省関係者)

所沢市にある防衛医大の校舎

 防医大総務課に事実関係を確認すると、

「(強制性交事案については)現在も警務隊の捜査が続いており、捜査に影響を及ぼす恐れがありますのでお答えは差し控えます。(3曹については)個別の事案についてはお答えを差し控えます」と回答した。

 国を守り、さらには医療にも携わる自衛官たち。乱倫にふける暇はないはずだ。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー