昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

斎藤薫「あなたの眠りは、翌朝”希望“を生んでいますか?」

2020/06/22

PR

「毎晩眠りにつくたびに、私は死ぬ。そして翌朝目を覚ます時、生まれ変わる」

 そう言ったのは、ガンジーだが、昔から何かを成し遂げた人ほど、睡眠に特別な力を見出していたとされる。眠りは人を毎晩リセットし、心身で新しいエネルギーを生むと同時に、命を浄化してくれるもの……というふうに。「神様は心配事の代償に、私たちに“希望と睡眠”を与えた」という金言もあるように、昔の哲学者から現代の成功者まで、“眠りは一つの希望”と訴える人は多いのだ。

 ズバリ、あなたの“眠り”は“希望”を生んでいるだろうか。毎晩自らをリセットし、身も心も両方軽くして初めて、翌朝人は前に進める。そういう目覚めを毎朝作れているだろうか。

 おそらくは自粛生活で日常を見直し、今までないがしろにしてきた、家の中での“大切なこと”にも気づけたはず。きちんと暮らす、きちんと食べる、そして、きちんと眠る大切さに……。

日常を見直した時、眠りが乱暴すぎた?

 とりわけ多忙を極める人は、睡眠に乱暴になりがちだ。クタクタで帰宅してメイクしたまま寝落ちしたり、週末に寝だめをしたり。十分な睡眠なんて無理と言うかもしれないけれど、量より質、眠りをあと少し大切にするだけで、人生は変わるはず。今こそ、眠りの意味を大きく変えるチャンス、だから訴えたいのだ。眠りを希望に変えましょうと

 そこで何としても改善したいのが“入眠と目覚め”。人は眠れぬ時に、悩みや不安を引っ張り出し、わざわざ悩む。だから逆に頭は冴え冴え、闇を見つめて悩みを増幅し、ストレスとして心身に溜め込むのだろう。眠れない恐怖が、更なる不眠を呼ぶ悪循環で、いたずらに免疫力を低下させることにもなるはずだ。ともかく“自分に悩む余地を与えない眠り”にすべきなのである。

 一方、すっと眠れればすっと起きられ、夜またすっと眠れる良循環へ。だから、“目覚めの良さ”は健康の象徴。美容においても理想的な形となる。早寝早起きが“新陳代謝のゴールデンタイム”夜10時~翌2時までの熟睡につながり、さらに体内時計を正すことが自律神経を整えて若さを呼び込むことになるからだ。そこで日の出とともに目覚め、夜更けとともに眠る、地球の営みと呼応する眠りを、今こそ取り戻したいのだ。

 たぶんそれだけで、幸せを感じられる。真に幸せな人は、朝起きた瞬間一日を楽しみにできる人。美しい目覚めは、そこまでの意味を持つのだ。

柔らかいのにしっかり支えられている不思議

 じゃあそれを可能にするのは? そういう意味で今改めて評価が高まっているのが高反発寝具なのだ。中でも、半世紀以上の歴史を持ち、日本でもその代名詞になっているのが、イタリア生まれのマニフレックス。それも独自に開発した“エリオセル”は水で発泡させ有毒ガスを出さない未来素材、しっかりと押し返す高反発にして、体を横たえると、柔らかなのに、同時に安定感を感じる不思議。まさに硬すぎず柔らかすぎない見事な寝心地を生み出すのだ。どこもかしこも体のカーブに沿って、立ち姿のまま、人間があるべき姿で一晩中寝かせてくれる上に、反応の早い反発力がどんな寝返りをも一体になって助けてくれる。結果、無意識のすべての動きが疲れや痛みを生まない。だからするする眠れて、すっきり起きられる。未体験の心地よさには全て理由があったのだ。日本での販売は27年前。スプリングタイプが常識の頃である。日本を含むアジアの代表は、その素晴らしさに惚れ込んで販売を決める。やがて高反発寝具の時代が来るのを知っていたように。

 驚くほど通気性が良く気温湿度にも変化しないから98カ国で愛され、世界で一層の評価を高めているのも、金属なし、プラスチックなし、有毒ガスなし、素材の全てがサステナブルという地球愛に溢れた製品だから。古いマットが投げ捨てられた景色は悲しすぎるから。SDGs17項目最大の難関、12『つくる責任、つかう責任』これが半世紀以上前にクリアされていたのは感動的ですらある。

 更に買い替えを憂鬱にしないのが体積を8分の1にできる圧縮デリバリーと、軽々持ち上げられる軽さ。耐久年数も最大15年という破格の長さ。何と人に優しいマットレスなのだろう。

 マニフレックスは、著名なアスリートや文化人からの評価が極めて高い。それは、体にも心にも良い熟睡をもたらす証拠だし、この上なく理にかなった製品であること、睡眠の力を信じる人ほど成功者が多い裏付けにもなるはずだ。

 睡眠は毎日の記憶を整理し、必要な記憶だけを残すという。自分が浄化され、心が前向きになり自信が生まれる。毎朝、希望と幸福感を持って外出できる、私たちにとって最強の眠り。今こそ始めるチャンスである。


人生の1/3を占める睡眠時間。いま見直すべきは寝具

ピローグランデ
別名「しあわせのまくら」。寝返りをうっても寝姿勢が変わっても、頸椎の理想的なカーブを自然なまま支え、一晩中寄り添うように熟睡をサポート。W70×D45×H12cm  17,076円(税別)

オクラホマ
表裏で寝心地を選べるリバーシブル仕様。総厚23cmのしっかりとした厚みで体圧を分散して理想的な寝姿勢をキープ。軽さも魅力。安心の12年長期保証。シングル58,000円(税別)

表と裏で異なる2つの体圧分散構造

真空ロールアップ製法

高反発性・復元性・耐久性に優れた「エリオセル®」。クルクル巻かれた状態(体積1/8)で自宅に届く。


体と地球にやさしいイタリア生まれの熟睡寝具

最終処分に行き詰まり、環境に負荷をかける「プラスチック」も「スプリング」も不使用。水から生まれた独自の高反発マットレスは燃やしても「有害ガス」を出しません。 持続可能な社会の実現へ向けて、マニフレックスは「つくる責任」を果たしています。

●表参道ショールーム 0120-008-604
●大阪ショールーム  0120-028-008

Kaoru Saito
さいとうかおる/女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト、エッセイストに。女性誌において多数のエッセイ連載をもつほか、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。最新刊は『大人の女よ! もっと攻めなさい』。

提供/株式会社フラグスポート
www.magniflex.jp