昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「事前に内覧、希望の部屋を」千代田区長「高級タワーマンション優先購入問題」で新証言

 東京都千代田区の石川雅己区長(79)が区内の高級マンションを優先的に購入していた問題をめぐり、今回の経緯を知る関係者が「週刊文春」の取材に応じ、事前に区長一家が内覧をし、希望の部屋を一般抽選販売から外す優遇措置を受けていたことが分かった。

 石川区長は、2018年1月に千代田区三番町のタワーマンションを三井不動産レジデンシャルから妻や次男と共同名義で購入。今年3月、この部屋が「事業協力者住戸」だったことがNHKの報道で判明した。事業協力者住戸はマンションを建てる事業に協力した関係者が一般販売前に優先的に割り当てられる部屋のことで、地権者がほとんどだが、石川区長は地権者ではなかった。区議会では「規制緩和の見返りに便宜供与を受けたのではないか」と追及されている。

石川雅己千代田区長 ©共同通信社

 売買の経緯を知る関係者が、「週刊文春」の取材に応じ、次のように証言した。

「2015年11月、石川区長の妻や次男らが内覧しました。この時に、南向きの2LDKの部屋が気に入ったと販売元である三井不動産レジデンシャルに伝えたのです」

「週刊文春」は今回、2015年12月12日から行われた一般向けの登録抽選の際に配布された「正式価格表」を入手した。全92部屋のうち、区長一家が希望する部屋を含む3つの部屋が「事業協力者住戸」と記載されている。同マンションは人気で、ほとんどの部屋は抽選となったが、石川区長一家は、希望の部屋を抽選なしで購入できる優遇措置を受けた。

区長が共同所有するタワマン

 この優遇措置を巡っては、石川区長は、契約した時点で「事業協力者住戸」とは知らなかったとし、「問題ない」と説明してきた。

 しかし、この関係者はこう証言する。

「販売元は2016年1月9日、次男に『事業協力者住戸』であると説明し、翌月20日に購入申込みをした。価格は約1億2000万円で、区長夫妻が8000万、次男が残りを支払っています」(同前)

 弁護士の郷原信郎氏が指摘する。

「区長は、利害関係者である三井不動産側から人気物件を購入する機会をもらったという点に賄賂性があり、収賄になりえる事案です」