昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【「鬼滅の刃」アニメ会社脱税告発】カフェでグッズ販売の売上も銀行入金せず「社長が現金保管」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, テレビ・ラジオ, 社会, 企業, マネー

 人気マンガ「鬼滅(きめつ)の刃」のアニメ版を手掛ける制作会社「ユーフォーテーブル」が、運営する飲食店の売り上げを少なく見せかけるなどして4億4000万円あまりの所得を隠し、計約1億4000万円を脱税したとして、東京国税局が同社と近藤光社長(50)を法人税法違反と消費税法違反の疑いで東京地検に告発していたことが明らかとなった。

 同社は6月3日、ツイッターなどで、《ファンの皆さまをはじめ、関係者にご心配、ご迷惑をおかけすることについて誠に申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。なお、国税当局の指導に従って、(中略)修正申告を行い、全額納税いたしました》とコメントを出した。

「週刊文春デジタル」では2019年3月から4月、同社の脱税疑惑について報じ、脱税の手口が詳らかにした。当該記事3本を再公開する。(初出2019年3月28日、4月12日)

◆◆◆

制作会社「ユーフォーテーブル」に“ガサ入れ調査”

「税務調査はその日の午前10時頃に突然入りました。高円寺の社屋1階にあるカフェと徳島のカフェ、そしてアニメ制作を行っている下井草の東京スタジオにも国税の捜査員が入った。捜査員の数は高円寺が一番多く、最終的に30人になったそうです。カフェには開店待ちのお客さんが並んでいたため、状況は説明せずに営業を続行したそうです」(ユーフォーテーブル関係者)

 アニメ制作会社「ユーフォーテーブル有限会社(以下、ユーフォーテーブル)」に脱税疑惑が持ち上がり、3月12日、東京国税局による家宅捜索、いわゆる“ガサ入れ調査”が行われた。同社ではテレビや劇場版アニメの制作だけでなく、関連アニメグッズの販売も手掛ける「ufotable Cafe」を東京や大阪などで複数運営している。

 同社は、アニメ制作プロデューサーの近藤光氏(代表取締役社長)が2000年に立ち上げたアニメ制作会社だ。昨年末の紅白出場でも話題になった「刀剣乱舞」のアニメ作品制作を2016年から手掛け、ゲームからスタートした同作品の世界観を上手く表現しているとファンの高評価を集めた。自衛隊が“萌え系”を採用したとして有名になったアニメタッチの自衛官募集ポスター制作なども手掛けている。

「Fate」コラボレーションカフェの告知(公式HPより)

 アニメ業界関係者が説明する。

「ユーフォーテーブルの代表作と言えば、やはりゲームの世界をアニメ化した『Fate』シリーズでしょう。劇場版『Fate』シリーズでは、2017年に公開された第1章が観客動員数で98万人を超え、興行収入は15億円を達成。現在、公開中の第2章は前作を超え、観客動員数100万人を突破する大ヒットになっています。

インタビューに答える近藤社長(徳島県HPより)

業界きっての「売れっ子プロデューサー」の商才

 社長の近藤さんは監督や演出も出来る人で、業界でも売れっ子のプロデューサーです。商売上手な一面もある。アニメーションでは、クオリティを追求すると、制作予算をオーバーすることもよくあるのですが、近藤さんはカフェを開いたり、グッズを作ったり、関連商売の展開が上手い。自分と一緒に仕事をすればいくら儲かるか、どれくらい大きなプロジェクトになるかといったプレゼンに長けています」

 2009年、近藤氏は自身の出身地でもある徳島県から補助を受けて、徳島市内にある登録有形文化財に指定されているビルのワンフロアに制作スタジオを設置。同年、徳島市の阿波踊りのアニメポスター制作を提案したことをきっかけに、アニメを使った徳島市の町おこしイベント「マチ★アソビ」を展開。毎年2回、春と秋にイベントを開催しているが、昨年はそれぞれ来場者7万~8万人を動員している。