昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

今年は中止 枝野幸男氏の「カラオケ禍」から逃れてホッとしている人々

「支え合う社会」を目指すと意気盛んだが……

 子飼いの大失態を伝え聞き、大きく顔をしかめたのは立憲民主党の枝野幸男代表(56)。同党所属の埼玉県議・井上將勝氏が、「週刊文春」先週号で不倫問題を報じられたのだ。さいたま市見沼区選出の井上氏は枝野氏のまさにお膝元の県議で、枝野氏が寵愛する子分。5月28日に辞任したが、騒動はそれだけにとどまらなかった。あわせて立憲の浅野目義英県議も会派を離脱、同会派の県議は12人から10人に減ったのだ。

「井上氏は選挙区に居住実態がない問題でも前から調査を受けていた。正義感の強い浅野目氏が一連の問題についてリークしたのでは、と党から疑われ、県連幹部に呼び出されると逆に怒って辞表を叩きつけたんです。この幹部の背後にいるのが枝野氏と目されています」(地元記者)

 地元をおさめられない枝野氏だが、永田町でもその不徳は変わらない。コロナ禍の中、枝野氏は「国民みんながやりたいことができない。私はカラオケ。こんなに歌ってないのは東日本大震災の時以来だ」と嘆いたが、周囲の本音は正反対。政治部デスクは「枝野氏のカラオケ禍から逃れてホッとしている人ばかり」と呆れる。