昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

元CIA、元スナイパー……6人のプロフェッショナルが挑むミッションとは 「6アンダーグラウンド」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 磁石を使ったテクノロジーの発明で財を成したアメリカの億万長者(ライアン・レイノルズ)は、3年前に自分の死を偽装して存在を消し、政府が手を出せない巨悪を倒す自警団を結成した。元CIAのスパイ(メラニー・ロラン)や、元軍人のスナイパー(コーリー・ホーキンズ)など、卓越したスキルを持つ男女6人のメンバーは、過去と名前を捨て、お互いを数字で呼ぶ。次のミッションは、中央アジアのある国家の独裁者ロヴァクを失脚させ、弟ムラットの政権を打ち立てることだった。チームは香港へ飛び、高層タワーのペントハウスに監禁されている、ムラットの強奪作戦を決行する。

〈解説〉

『トランスフォーマー』シリーズのマイケル・ベイ監督作。巨悪と戦う自警団の活躍を、カーチェイスや銃撃戦をふんだんに盛り込んで描くアクション超大作。128分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★☆☆高所恐怖症の身にはツライ場面あり。人間離れした体技の数かずも映像処理でどうにでもなるんだろう、と思うばかり。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆人工甘味料山盛り、ステロイド大注入の乱暴なアクション映画だが、なぜか憎めない。M・ベイの珍発明に笑ってしまった。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆カーアクションもパルクール的な美しい動きも緩んだ肉体には刺激的。シリーズ化に期待だが大画面じゃないと勿体ない。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆カラダの丈夫な男子中学生がそのままおっさんになった稚気。大味さもどんと来い。マイケル・ベイ節が溌剌と出ている。

  • 洞口依子(女優)

    ★★☆☆☆良くも悪くもマイケル・ベイな“悪ノリ”炸裂。ド派手なだけのカーチェイス。徒労感募るもベイ好きには堪らないかも。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
Netflix映画『6アンダーグラウンド』独占配信中

『6アンダーグラウンド』(米)
Netflixにて配信中
https://www.netflix.com/jp/title/81001887

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー