昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

恋人か、小説家への夢か…… 結婚を課された女の人生「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

19世紀、南北戦争時代のマサチューセッツ州ボストン。マーチ家の長女メグ(エマ・ワトソン)は愛する人との結婚を望み、次女ジョー(シアーシャ・ローナン)は小説家として自立を目指し、三女ベス(エリザ・スカンレン)は音楽を愛し、四女エイミー(フローレンス・ピュー)はお金持ちを夢見ながら、輝かしい少女時代を過ごしていた。女性が表現者として認められることも、経済的に自立することも困難だったこの時代に、ジョーは幼馴染みのローリー(ティモシー・シャラメ)からのプロポーズを拒絶し、夢を実現するためにニューヨークに拠点を移す。ある日、ベスの病状が悪化したという報せが届き、ジョーは帰郷を決意する。

〈解説〉

ルイーザ・メイ・オルコットの自伝的小説『若草物語』を新たな視点で実写化。監督・脚本は『レディ・バード』のグレタ・ガーウィグ。第92回アカデミー賞では作品賞、主演女優賞、助演女優賞など6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。135分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆注目の女性監督とS・ローナンのコンビネーションで、軽快に。ちゃっかりしたエイミー役のF・ピューも見応えあり。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆昔ながらのよしなしごとを丁寧に描きつつ、思い切りのよい溌剌さを急所で投入する。S・ローナンとF・ピューが強い。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★結婚に課された女の人生が姉妹の恋愛観やジョーの譲れない自我とで鮮やかに浮き上がる。「若草物語」より断然面白い。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆クラシックを愛しながら保守には陥らず。時代への確かな距離感と機知に富んだ想像力。名作のモダンな再構築として優秀。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆ガーウィグ×シアーシャ(少女時代の終焉を物語る名台詞と共に)コンビの最高作。新鮮な光放つピュー、衣裳に星。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
 

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(米)
6月12日(金)より全国順次ロードショー
https://www.storyofmylife.jp/

ツイッターやメルマガで最新情報をGET!