昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

MISIA「中国歌番組」でまさかの敗退……現地でも“疑惑の判定”の声

「一起加油(中国語で一緒にがんばろうの意)」

 涙を浮かべて歌手のMISIA(41)が語りかけると、現地のスタジオでは拍手がわき起こった。しかし……。

◆◆◆

 昨年の紅白で紅組のトリを務めたMISIA。1998年にデビューし、最初のアルバム「Mother Father Brother Sister」は250万枚超のヒットに。

MISIA ©getty

「MISIAの歌はいわゆるR&B系ではなく、その美声を素直に活かした発声をするので、誰が聞いても『うまい』と感じるんです。彼女は生粋のパフォーマーであり、その真価はライブでこそ発揮されます。そして、ノーカットで生演奏をバックに歌うことにこだわりがある。だから、曲の一部がカットされる日本の歌番組への出演をほとんどしてきませんでした」(音楽ジャーナリストの宇野維正氏)

 そんな彼女が、今年2月から4月末まで中国の人気歌番組「歌手SINGER当打之年」に出演した。動画配信もあわせて5億人が視聴しているというこの番組は、7、8組の歌手たちが生演奏をバックに1曲披露し、それを500人の観客が審査して、順位を決めていく。