昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文藝春秋8月号(7月10日発売)「私の選んだベストブランド特別編」プレゼント

PR

「文藝春秋」8月号(7月10日発売)はいかがでしたでしょうか? 抽選で以下の賞品をプレゼントいたします。郵便はがき、もしくは以下の応募フォームよりご応募ください。また、商品紹介に続く「私の選んだベストブランド特別編」記事もぜひ合わせてご覧ください。

応募方法
[応募フォームへ]
をクリックして必要事項を記入の上、ご応募ください。郵便はがきでのご応募については「文藝春秋」8月号what'newをご覧ください。当選発表は提供会社による賞品の発送をもって代えさせていただきます。


締切

令和2年8月7日(金)

応募フォームへ

※お寄せいただいた個人情報は抽選と賞品の発送にのみ使用いたします。

賞品(40名様)

ショウエイ
「江戸祭人形焼」こしあん(15個入)、詰合せ(こしあん6個/カスタード6個)、粒あん(8個入)の3箱セット

http://www.shoei-food.com/

世間の味 中尾彬●俳優

「江戸祭人形焼」こしあん15個入(1,000円+税)
「江戸祭人形焼」こしあん15個入(1,000円+税)

 子供の頃、千葉の木更津から東京に遊びに行くと近所の人には人形焼を土産に買って帰ったんだ。一番配りやすいじゃない。

 ショウエイの「江戸祭人形焼」は昔の人形焼とひと味違う。皮がうまい。昔フランスに仕事で住んでた時に食べたカヌレというお菓子みたい。

 水を使わず卵で練り上げたというカステラ生地に少し香ばしい味。この焦げ茶がいいんだね。こんな濃い色の人形焼はなかなかない。こしあんがすっと薄く入っているのもいい。これはフランスの田舎のお菓子みたいに牛乳とも合うね。

 東京の4つの祭をかたどった、この人形焼を見ていると昔担いだ三社祭の神輿とか佃煮屋の煮豆の味とか下町の情景が浮かんでくる。これは「世間の味」だね。子供から大人まで、入れ歯の年寄りだっていける。駅弁の値段くらいだから東京土産や、ちょっと摘まむのに楽屋の手土産にもいいね。

INFORMATION

お問い合わせ
株式会社ショウエイ 0120-25-6188
http://www.shoei-food.com/