昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

放送作家が指摘する「テラスハウス問題に潜む“テレビ局あるある”の編集テク」

なぜ過剰な演出はなくならないのか

source : 提携メディア

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 社会

放送作家「テラスハウス問題に潜むテレビ局あるあるの編集テク」

リアリティー番組の出演者による自殺が増えている

女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった。22歳、レスラーとして前途有望な将来を前に、あまりにも早すぎる突然の死だった。

写真=日刊スポーツ/アフロ 新日本プロレス・スターダム提供試合。星輝ありさ、岩谷麻優組対ジュリア、木村花組。星輝ありさを攻める木村花=2020年1月4日 - 写真=日刊スポーツ/アフロ

ご遺族の意向をくみ死因こそ明らかにされていないが、出演中だったリアリティーショー「テラスハウス」(フジテレビ系、ネットフリックスで配信)での彼女の振る舞いに対する、SNSなどの誹謗(ひぼう)中傷が大きな要因であると報じられている。韓国では既に、大手ポータルサイトが芸能ニュースのコメント欄を封鎖する中、日本でもようやく誹謗中傷対策の是非が取り沙汰され始めた。

防止策は議論されてしかるべきテーマだが、何よりリアリティーショーという番組の在り方について、こちらも考察すべき事案が多いように感じる。海外ではリアリティーショーの出演者が、自殺などにより30人以上も亡くなっているという報道さえある。その事実にも驚かされるが、母体となる出演者の人数を踏まえると、この死亡率の高さは検証が必要な“異常な値”でもある。

一般的なテレビドラマなら、どれだけ悪態をつき、嫌みな行動をとっても「役を演じている」とみなされる。しかしリアリティーショーは、番組の性質上、「個人」の言動や性格に直結するように映る。かるが故に、番組へのクレームではなく、出演者本人にその矛先が向けられてしまう。

テラハメンバーが「ムカついてた」こととは

もちろん、過去にもヒロインをとことん“いびる”役を演じた女優に、脅迫電話が寄せられるなどの騒動も多々あった。しかし今は、お茶の間でテレビ画面に向かって呟いていた悪口が、ごっそりとそのままネットに乗っかり、SNSを通じて相手まで安易にたどり着いてしまう時代だ。事実海外では、不快感を言葉としてぶつけながらリアリティーショーを見る「ヘイトウォッチング」なる楽しみ方さえ存在する始末……。「有名税」を持ち出しての批判もあるが、演者の精神的負担は昔の比ではないはずだ。