昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「私は裁判で勝てます」河井案里氏が立件直前に語った本音

 昨夏の参院選を巡る公職選挙法違反(買収)容疑で広島地検の捜査を受けている河井案里参院議員(46)が、6月5日、ノンフィクションライター・常井健一氏の取材に応じ、3時間にわたって、取り調べの様子や胸中を明かした。

河井案里氏 ©共同通信社

 案里氏は、16日に広島地裁で公設秘書が有罪判決を受けたウグイス嬢を巡る公職選挙法違反については、次のように語った。

「(検事に)聞かれるのはいつもウグイスのことでした。いくら私が知らないと言っても、『知らない』ということを証明はできないし。だから不毛な取り調べでした。どういう会計処理をしているのかすら、私は全然知らないんですよ。なんで(1日の法定額の倍の)3万円だったのかも。秘書に任せっきりでしたので」

案里氏の公設秘書、立道浩被告 ©共同通信社

 また、広島の県議や首長らに現金を渡した別の買収疑惑に関しては、

「説明できないようなことは何もしていませんよ。ただ、(金銭の)やりとりについては先方のこともあるし、私が今ここで言うべきことではないので。それぞれの方の収支報告書にも載るでしょうから」
とした上で、

「今回これを買収だと私たちが認めてしまったら、日本の選挙のやり方そのものを変えることになるし、公選法の精神をも変えてしまう。陣中見舞いや当選祝いを自分が出る選挙の前に持っていけば全部『買収』となる、というのであれば、他のみんなも(選挙違反で)やられてしまう。だから、たとえ私が身柄を取られても、別に私は裁判で勝てますよ。検察もやったらいいと思う」

 と、強気に語った。

 また、6月15日には、

〈私たちは、汚いお金で勝ったのではありません。私はそれを主張しなければなりません。〉(常井氏へ送ったメール)

 と、徹底的に争う姿勢を示した。

上は自殺未遂前夜の3月27日、下は6月15日のメール

 常井氏が明かす。

「検察による案里氏への事情聴取は、3月に4回。その後、GWにも行われ、6月5日までに計6回事情聴取を受けたそうです。1回あたり6~7時間。場所は都内のホテルの一室で、夫の河井克行前法相とは常に別々に行われました」

 6月18日(木)発売の「週刊文春」では、案里氏が初めて明かした自殺未遂の真相や、検察とホテルの一室で対峙した際、自ら全裸になった騒動の内幕、「日本を変えたい」発言に込めた意外な思い、夫・克行氏との本当の夫婦仲などを、5ページにわたって報じている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(3枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー