昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「風俗とか行けないんで」霜降り明星せいやの言い分 一面識もない人妻女性へのZOOMセクハラは“愛の形”?

genre : エンタメ, 芸能

 お笑い芸人「霜降り明星」のせいや(27)が今年5月、それまでまったく面識がなかった元看護師の既婚女性・A子さんをSNSでナンパし、通信アプリ「ZOOM」を使ってオンライン飲み会を行っていた最中に、突然自身の下半身を見せつけ、自慰行為を行うなどのセクハラ行為をしていた“事件”。

 6月15日、自宅を出るせいやを直撃すると、「これ、ほんま、ハメられました!」という主張を始めたのだった(#1#2より続く。※ぼかし加工を施していますが、読者によっては不快に思われる可能性のある映像が、本記事には含まれています。ご注意ください)。

「文春オンライン」の直撃に応じるせいや ©文藝春秋

「ハメられました! ハニートラップです」

――A子さんとの「ZOOM飲み会」で下半身を出して一方的に1人で自慰行為を?

「えっ……ちょっと待ってください。これ、ほんま、ハメられました! ほんまに言い分あって、A子さんもしてました。ハニートラップです」

――彼女はおかきを食べたりしたけど、そういうことはないと言っています。

「違います。ボクはっきり……誘われました」

2人のZOOM飲みの様子

――誘われた? A子さんからやりたいって言ってきた?

「そうですね。それはもう2人でお互いにちゃんと。ZOOMなんで、この自粛期間でちょっとそういうお店に行けない、風俗とか行けないんで、2人でこういう自粛の一個の形やねと、2人で同意で本当にやりました。そんなボク、何て言うんですか、一方的なのはやっていないです」

――事を始めるきっかけは何だった?

「ZOOM飲み会をしようというのが結構来ていたんですよね。僕に。(A子さんは)ノリノリで。LINEやメッセージにもめっちゃハート付いてますよ」

「ほんまに僕はショックです」

――(急に下半身を見せたとき、A子さんは)気持ちが悪かったと。

「ちょっと、待ってくださいよ」

――ファンとして通話していたと聞いています。看護の話をしていた時に、だいぶ酔われていたのもあって、「勃ってきた」という話をされて。

「それはほんまに2人がいい感じになって、あっちもハンモックの上に乗って見せてくれました。下半身を。あんまり言ったらあれですけど。それはほんまに僕はショックです。1回(5月6日)だけじゃないですからね」

せいやは「一方的なのはやっていない」と主張 ©文藝春秋

――2回(5月8日もあった)と聞いています。

「(A子さんが)気持ち悪いと思っていたら2回目はないじゃないですか」