昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2020/06/24

不支持率は55.4%に……ボルソナロ大統領の“人名軽視政策”

 さらに感染が急拡大するなかでも人命軽視の政策を強引に推進させている。

「3月中旬から、ブラジルは、日本と同様に州政府や地方首長の判断で、商業施設の閉鎖や外出自粛要請を実施。するとボルソナロ大統領は、3月下旬から厳しい経済規制を敷く州政府を攻撃し始めたのです。さらには自ら、外出自粛に反対する抗議デモにまで参加しています」(同前)

 悪評はコロナ対策にとどまらない。4月には親族への捜査を妨害するため警察人事に政治介入。法務・公安担当大臣が辞任した。

「大統領は3回結婚し、5人の子がいますが、そのうち上院議員の長男に数千万円に及ぶ金銭問題が浮上。大統領はモロ法務大臣に捜査をストップさせるよう圧力をかけたため、モロ大臣は抗議の意味を込めて辞任したのです」(同前)

 当然のことながら、ブラジル国内では反ボルソナロのデモ活動が激化。世論調査では大統領の不支持率が55.4%となり、議会では弾劾の声も上がり始めた。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー