昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

PR

【レトルト】レトルトの概念を変える!本格を超えた“実力派”カレー

シェフの匠 キーマカレー/バターチキンカレー

「カレーを嫌いな人はいない」とはよく言われる言葉。今や国民食とも言えるカレーだが、口コミで評価が急上昇、売上が伸長している話題の商品がある。ハムやソーセージでおなじみ丸大食品(株)が手掛ける「シェフの匠キーマカレー」と「バターチキンカレー」である。定番とはひと味違う本格志向のそれは文字通り、シェフの視点と技で徹底的に追求し開発されたという。

キーマカレー(※調理例)
キーマカレー(※調理例)
バターチキンカレー(※調理例)
バターチキンカレー(※調理例)

 味は「キーマカレー」と「バターチキンカレー」の2種類。それでもリピート購入はもとより、まとめ買いする人も多いことが理屈抜きに満足度の高い商品であることを証明している。

「キーマカレー」はあめ色になるまで炒めた玉ねぎに鶏肉を加え、その旨味に独自にブレンドしたスパイスが調和した香り豊かな中辛タイプ。最近、女子にも人気の「バターチキンカレー」はバターと完熟トマトを使用したトマトペーストに生クリームを合わせた濃厚でまろやかな味。辛さに弱い人でも楽しめる味わいだ。どちらもご飯だけでなくナンにも合う。特筆すべきは品質と価格のバランスの良さ。価格は手頃ながら“洋食店の味”が楽しめるコストパフォーマンスの高さも人気を支える秘密なのだろう。

 レトルト製品といえば“調理不要”や“長期保存”など味覚よりも機能重視の印象があるが、このカレーは味覚の方を優先したとしか思えない。今までの“レトルト”の概念が変わるカレーなのだ。

※調理例
※調理例
『シェフの匠 キーマカレー』 
『シェフの匠 バターチキンカレー』
希望小売価格440円(税別)
内容量:150g×3袋入り 賞味期限:常温保存で365日
『シェフの匠 キーマカレー』 
『シェフの匠 バターチキンカレー』
希望小売価格440円(税別)
内容量:150g×3袋入り 賞味期限:常温保存で365日

“辛さ”違いのロングセラー。12年連続売上No.1!(※)
大人気「スンドゥブ」シリーズ

 

『スンドゥブ マイルド』『スンドゥブ 辛口』
希望小売価格280円(税別)
内容量:(2人前)300g
賞味期限:常温保存で365日 
『スンドゥブ マイルド』『スンドゥブ 辛口』
希望小売価格280円(税別)
内容量:(2人前)300g
賞味期限:常温保存で365日 

豆腐さえあれば手軽に簡単に韓国家庭料理ができる。ストレートタイプのため肉や野菜、魚介などどんな具材との相性も抜群!ご飯に合う安定の味が好評だ。

 

※2008~2019年スンドゥブの素
丸大スンドゥブシリーズ丸大食品(株)調べ

(KSP-POSデータより)

●お問い合わせ
丸大食品株式会社 
本社:大阪府高槻市緑町21-3
0120-338845
http://www.marudai.jp/