昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「今でも妻を愛しています」渡部建が独占告白

「週刊文春」6月11日発売号が報じた「アンジャッシュ」渡部建(47)の不倫疑惑。6月16日、渡部が「週刊文春」の取材に応じ、不倫疑惑に加え、妻で女優の佐々木希(32)、相方・児嶋一哉(47)への思いを明かした。

 取材現場に黒いスーツ、ネクタイ姿で現れた渡部。時折言葉を詰まらせながらも、NGの質問は一切なく、取材時間は90分に及んだ。

NGの質問は一切なかった ©文藝春秋

 取材に同席した所属事務所「人力舎」の玉川大社長が振り返る。

「渡部が直撃取材を受けたとマネージャーから聞いて、(不倫スキャンダルを起こした)他の方々がやってきていることと同じようにするしかないと思っていました。芸人だからいじられて、なんなら(相方の)児嶋一哉が『俺じゃねえよ!』と言うとか、いろんな形を想像していた。その後、事務所に紙(質問状)が届き、『多目的トイレ!? えっ、これ気持ち悪ぃじゃん。種類が違うじゃん』って考えを改めたんです。それで自粛という形に腹が固まった」

これまでグルメや高校野球に関する取材に、数多く対応していた渡部 ©文藝春秋

 渡部は「週刊文春」が報じた複数女性との関係について次のように語った。

「思い起こせば、独身時代はとにかく独身をとことん謳歌しなくてはと思い、好き勝手に過ごしていました。妻と知り合ってから安全な遊び方を知り、そこから抜け出せなかった。彼女たちに対しては気持ちのないまま接していたし、気持ちの上で浮ついたことはありませんでした。僕は今でも妻を愛しています」

夫を支える佐々木 ©共同通信社

 佐々木の反応についても明かした。

「今まで浮気が妻にバレたことは一度もありませんでした。記事を見て、妻は失望していましたね。怒りもあるし、呆れもあるし。仕事も増え、自分の描いたビジョン通りに物事が運んでいったことが慢心を生んでしまった」

相方の児嶋

 6月25日(木)発売の「週刊文春」では、渡部の独占インタビューを4ページにわたって詳報。その中で渡部は、妻・佐々木希から受けた叱責、不倫の“隠蔽工作”を図った理由、相方児嶋に対する複雑な思いなどを語っている。

この記事の全文は下記サイトで購読できます
Yahoo!ニュース

この記事の写真(19枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー