昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「上の人たちは引退してもらいたい」須藤元気氏から引退勧告……前原誠司氏と枝野幸男氏は“オワコン”か

勉強会の名前は「新しい国のかたち(分権2.0)協議会」 ©文藝春秋

 久しぶりの表舞台は逆に存在感の低下を印象づけた。6月16日、国民民主党の前原誠司元外相(58)は自らが立ち上げた地方分権の勉強会の挨拶に立った。

「地域が競い合うことで、国は外交・安全保障、国家戦略に特化できる、失われた30年を変える大きなきっかけになるはずだ」

 日本維新の会との合同勉強会で「すわ野党再編か」との声が上がったが、集まった約40人のうち国民からは10人足らずで大半は維新から。国民の平野博文幹事長が所属議員に参加しないように根回しし、国民の一部は偵察目的での参加だった。政治記者は「前原氏は『外交・安保、国家戦略』と大義を語ったが、勉強会の真の狙いは次期衆院選での生き残り。地元・京都に維新が対立候補を立てれば前原氏も危うい」とみる。

 前原氏とともに、存在感の低下が際立つ野党の大物がいる。立憲民主党の枝野幸男代表(56)だ。17日、元格闘家の1年生参院議員、須藤元気氏が立憲からの離党を表明。東京都知事選で、立憲が推す宇都宮健児氏ではなく、消費減税を訴える山本太郎氏を支援するためだ。離党会見では「世代交代したい。上の人たちは引退してもらいたい」と号泣しながら枝野氏に引退勧告。当の枝野氏は「あんなの除名にしちゃえ」と指示し、須藤氏の離党届を受け取らなかった。

 枝野氏は野党第一党党首として求心力が高まるどころか、むしろ遠心力が強まるばかり。枝野執行部の強権に反発し、立憲を離党した山尾志桜里衆院議員は16日に国民に入党届。無所属だった馬淵澄夫元国交相も国民に入った。「支持率1%政党」と揶揄される国民は、枝野離れの反作用で漁夫の利を得る状況が続く。