昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2人が“政策新人類”と脚光を浴びたあの頃……

 前原氏と枝野氏。2人は、自民党が下野し、細川政権が生まれた1993年の衆院選で日本新党から初当選。2人そろって新党さきがけを経て鳩山由紀夫、菅直人両氏による民主党結成にも参加。「政策新人類」として脚光を浴びた。民主党政権では、前原氏は外相や政調会長、枝野氏も幹事長や官房長官と要職をこなした。

 かつては市場経済重視で経済成長を目指す前原氏と、脱成長で新たな生き方を志向する枝野氏を朝日新聞が「マエハラノミクスvs.エダノミクス」と持て囃し、未来を担う二大ホープに見立てたが、今は昔。かたや自らの当落に汲々とし、かたや野党第一党党首ながら離れる者が続出。「2人の凋落は、政治家個人の終焉に止まらない。『政権交代可能な二大政党制』を求めた平成政治史そのものが令和になって終焉したことを物語る」(政治部デスク)。ホープは今や、1年生に引退勧告されるオワコンになった。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー