昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

トランプ大統領の“暴露本”が10冊超え……ついに発売される姪っ子の著書の中身

2020/07/02

 トランプ氏ほど多くの暴露本を出された大統領はいないだろう。

 ジェームズ・コミー元FBI長官、ショーン・スパイサー元ホワイトハウス報道官、アンソニー・スカラムーチ元広報部長など、10冊は優に超える。

 6月3日にはジェイムズ・マティス前国防長官が米アトランティック誌で「米国民を団結させようとせず、その素振りさえ見せない大統領を初めて見た」と批判したばかり。

 そして11月に大統領選を控えるなか、注目を浴びているのが6月23日発売のジョン・ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障担当)による暴露本『The Room Where It Happened』(それが起きた部屋)だ。

ボルトン氏の出版には批判も多い ©共同通信社

「18年4月から補佐官を務めたボルトンは米国ネオコンの代表格の人物。イラン問題では積極外交を唱え、対北朝鮮外交では強硬論を主張し続け、トランプと決裂。19年9月にホワイトハウスを去りました。本書は発売前から版を重ねている。トランプ陣営の意向をうけた司法省が『国家機密が含まれている』と出版差し止めを申し立てるも、20日に棄却。こうした出版差し止め騒動も話題を呼んでいます」(現地特派員)

 同書はトランプ大統領が自身の再選を最優先する実態を浮き彫りにする。ハイライトは、ウクライナ疑惑についての証言に加え、中国の習近平国家主席の支援を取り付けようとしたというシーンだ。