昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「トランプの機嫌をとる理由を教えろ」フェイスブック社員がザッカーバーグに反発した理由

2020/07/08

 かつてないほど、影響力を強めているプラットフォーム。

 6月26日、30億人のユーザーを抱える米SNS最大手フェイスブックのCEOマーク・ザッカーバーグ(36)は、投稿に関する方針転換を発表した。

「今後、フェイスブックが規定違反と判断した場合、一般利用者も政治家も同様に、注意喚起を表示するというもの。また11月に大統領選を控え、投票に関するすべての情報にラベル付けし、さらにユーザーが正確な情報を確認できるようリンクを張るというのです。フェイクニュース対策であり、主なターゲットがトランプ陣営であることは言うまでもありません」(特派員)

マーク・ザッカーバーグCEO ©DPA/共同通信イメージズ

 これまで同社は「我々はあくまでテクノロジー企業であり、プラットフォームの提供者以外の何者でもない。投稿内容に関与しない」と主張。人種差別的発言として有害だと指摘のあった政治家の投稿について、削除やラベリングの処置を一切、行ってこなかった。

 だがその姿勢こそが、10年近くにわたり、様々な批判を浴びてきた。なかでも16年の大統領選では、フェイクニュースの拡散や黒人の投票率抑え込みに加担したとして、大きな批判にさらされた。

 では、なぜ急転直下、方針転換となったのか。