昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「男子中学生に淫らな行為」で逮捕 横浜の40歳人妻が見せた“裏の顔”

 現場となった家に出入りしていた高校生が証言する。

「家に泊まりに行ったら、夜中に彼女が布団の中に入ってきて、そのまま足を絡められたと話していた子もいました」

 6月16日、14歳の男子中学生に淫らな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反の容疑で逮捕された、横浜市の会社員・北條真帆容疑者(40)。犯行現場となった家には、夫と小学校低学年の息子もいたというのだが――。

写真はイメージ ©iStock

◆◆◆

 社会部記者の解説。

「逮捕容疑は6月14日の午前7時半頃、自宅に泊まっていた中学生と性交したというもの。被害者の行動がおかしいと心配した母親が、LINEで北條とやり取りしているのを発見し、警察に相談したことで発覚した。警察は余罪があるとみて捜査を進めている」

 自宅は日頃から中高生の溜まり場となっており、多い時で10人近くが出入りしていたという。取調べに対し、北條は「来ていた子の中で、顔も性格もお気に入りだった。かわいいと思っていた」と供述している。

 北條が夫と息子とともに、京浜急行沿線の一戸建てに転居してきたのは1年ほど前。近隣住民が語る。

「奥さんは小柄で黒髪のロングヘア。化粧が濃く、年齢よりも若く見える感じです。保険の外交員をしていて、毎日、自転車に乗って仕事に出かけていました。旦那さんは190センチ以上の長身で、自動販売機の補充の仕事をしています。引っ越しの際は手土産をもって挨拶に来て、若いのに律儀だなと感心しました」

 だが、すぐに夫婦の印象は一変する。