昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【木下優樹菜引退全内幕】「もう“彼”とは連絡を取りません」 活動再開から芸能界引退までの5日間に何があったのか?

genre : エンタメ, 芸能

「芸能活動を再開するにあたり、何度も事務所と話し合いを繰り返していました。木下さんはその話し合いで『彼とはもう連絡を取りません』と事務所側と約束していた。それなのにどうしてこうなってしまったのか……」(木下の知人)

 7月6日、タレントの木下優樹菜(32)が芸能界引退を発表。同日夕方、所属事務所の公式サイトには引退にあたってのコメントが掲載された。

芸能界引退を発表した木下 ©時事通信社

《今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました》

 7月1日の芸能活動再開からわずか5日間のことだった。この数日に一体何が起きたのか——。

騒動の発端となった「事務所総出でやりますね」

 騒動の発端となったのは2019年10月。木下の実姉がアルバイトするタピオカ店が、木下からの “恫喝ダイレクトメール”を公開。そこには《弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^_^ うそつきwww》などと書かれており、ネットを中心に大炎上。木下は芸能活動自粛を余儀なくされた。

タピオカ店店主に対する「こっちも事務所総出でやります」という恫喝文句が話題になった ©文藝春秋
恫喝文句が話題となった木下のタピオカ店店主へのDM ©文藝春秋

 

「当時、大炎上して本人は酷く落ち込んでいる様子でした。タピオカ店側に謝罪を受け入れてもらえないと芸能活動を再開することもできませんから、木下さんはタピオカ店側に謝罪を申し込みました」(同前)

 元夫であるFUJIWARAの藤本敏史(49)と木下の実母の3人で、タピオカ店オーナーの自宅へ足を運んだこともあった。

「いきなり木下さんが顔を出すと驚かせてしまうかもしれないからと、まずは藤本さんと木下さんの母親が2人でオーナー宅に行きました。木下さんは面会の許可が出るまでは近くで待機していよう、ということになったようです。ですが被害者であるオーナーの奥様が不在で、そこでも謝罪は受け入れてもらえなかった。

 それ以降も木下さんは代理人を通して再三、謝罪したいと伝えてきましたが、タピオカ店側はついに訴訟に踏み切りました。新型コロナウイルスの影響で裁判がいつ行われるかは未定ですが、木下さんの元にはすでに訴状が届いています」(同前)