昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : エンタメ, 芸能

浮上した男らしいヤンチャ系イケメンの存在

「活動を再開した直後、木下が結婚している際に大手事務所所属の男性グループの30代メンバー・Aと不倫関係にあったらしい、という話が浮上したんです。Aは男らしいヤンチャ系のイケメンで、藤本とはまた別のタイプ。事務所側からするとまさに寝耳に水で、すぐさま木下本人との話し合いの場をもった」

 Aとの関係について木下に問いただしたところ、木下は気落ちした様子で口を開いたという。

「隠し通すのは無理だと感じたのでしょう。木下はAとの関係を、すべて洗いざらい事務所に告白しました。聞いてみると、かなり深い関係だったことがわかり、事務所はもう守り切れないと判断したのです。乾のことにしても、騒動直後に木下の証言が二転三転していたこともあり、『今後連絡をとらない』という約束も信じられなくなり、これではマネジメントはもう難しいという結論になった。そこで事務所は『契約解除』を宣告しました。当初、木下は約500万人のフォロワーがいるインスタグラムを使って、フリーで芸能活動をしようという気もあったようですが、古参のスタッフから『1人で芸能活動をするのは大変だぞ』と言われ、7月5日に事務所との契約解除と芸能活動引退が決まりました」(同前)

 木下と懇意にしている芸能関係者は「優樹菜さんは7月4日には引退を決めていたようですよ」と語る。

2015年の木下優樹菜 ©時事通信社

「優樹菜さんはすでに芸能活動引退を決めていて、周囲に『本当は復帰したくなかった。事務所に言われたから仕方なく復帰した』と語っていました。自粛期間中にも複数の取材があり、娘さん2人が藤本さんに『ママは何か悪いことしたの?』『ママはなんで仕事行かないの?』と聞いているのが辛いともこぼしていました。タピオカ騒動でのダイレクトメッセージもそうですが、自分は芸能人には向いていないと悩んでいたようです」