昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

「テスラ」が時価総額トヨタ超え 巨額の報酬を得た日本人とは?

2020/07/13

 米電気自動車(EV)専業メーカー「テスラ・モーターズ」が、7月1日に時価総額が約22兆円に達し、トヨタ自動車を抜き自動車業界トップに躍り出た。

「テスラの昨年の販売台数は37万台程度。トヨタグループの5%にも満たないものの、電動化など100年に一度の変革期をリードする存在として投資家の期待を集め、株価が1年で4倍以上になった」(市場関係者)

©iStock.com

 だが、イーロン・マスク氏(最高経営責任者)が2003年創業のテスラを軌道に乗せるまでの道のりは平坦なものではなかった。

「開発コスト高で赤字が続き、18年に経営危機と言われ、米証券取引委員会がマスク氏の非上場化発言は詐欺に当たると提訴したことも。しかし、昨年に中国・上海の工場を稼働させ量産体制にめどをつけ、昨年7~9月期以降は黒字です」(自動車アナリスト)

 今回、7億ドル(約750億円)の報酬を得るマスク氏。実は他にも巨額の報酬を貰う日本人がいる。

「水野弘道氏(54)です。今年4月にテスラの社外取締役と監査委員に就任した水野氏は、取締役の初期報酬として通常株2778株を6月18日付けで得られる権利を付与されており、全株の権利を行使していれば約3億円を手にしている。彼を選んだ理由をマスク氏は『持続可能な責任ある投資の思想的リーダーだから』と語っています」(大手証券幹部)