昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

2020/07/13

マスク氏は「ブラボー、正しいことをした」と水野氏を絶賛

 水野氏とはどんな人物か。

「大阪市立大学卒業後、住友信託銀行に入行し、シリコンバレーやニューヨーク支店に勤務。その後、イギリスの投資会社でパートナーを務めながら、京都大学のiPS細胞研究所で資金調達のアドバイザーも務めていました」(同前)

経産省の参与も務めている水野氏(Twitterより)

 そして15年、日本の年金150兆円を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)で最高投資責任者に就任した。

「水野氏は環境などの持続可能性を重視したESG投資を積極的に推進し、昨年12月、空売りを行う投資家への外国株の貸出を停止した。自社株の空売りに悩まされていたマスク氏は、水野氏を〈ブラボー、正しいことをした〉と絶賛。ただ、水野氏はGPIFの高橋則広理事長(当時)との確執も囁かれ、今年3月末にGPIFを去った」(同前)

 水野氏に聞くと「数年前からテスラへの参画を求められていました」と答えた。

 一方、水野氏の古巣のGPIFはコロナ禍の影響で、1~3月期は17兆円を超える巨額損失を計上した。コロナ第二波が懸念される中、宮園雅敬理事長ら新経営陣の顔色は冴えない。

 水野氏の方が先を見通していたようである。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー