昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

女湯の脱衣所に忍び込み……過去の“のぞき”逮捕、ツイッター削除が認められなかった理由

 女性の裸をのぞこうとした事件が、「個人の権利」と「公益性」をめぐる法廷闘争にまで発展した――。

「2012年、東北地方の男性が、旅館の女湯の脱衣所に忍び込んだとして建造物侵入容疑で逮捕され、罰金刑の有罪が確定しました。その後、男性は『ツイッター上に自分の逮捕歴を実名報道した記事が残っている。就職活動にも支障が出て、プライバシー権の侵害に当たる』と、ツイッター社を相手に削除を求めて提訴したのです」(社会部記者)

 昨年10月、一審の東京地裁は男性の訴えを認め、削除を命じる判決を出した。だが6月29日、東京高裁は一審判決を取り消し、男性は逆転敗訴したのだ。

ツイッターは世界で6番目にアクセスが多いサイトに ©共同通信社

 判断はなぜ割れたのか。法曹関係者が解説する。

「まず、ベースとして、17年に最高裁が示した判断があります。グーグルなどの検索サイトで表示される逮捕歴の記事を削除すべきかを巡り、『検索サイトは情報流通の基盤』だと指摘し、削除は自由な表現行為の制約につながるという“厳格な基準”を示しました。一審判決は『ツイッターはまだウェブサイトの一つにすぎず、必要不可欠な情報流通の基盤ではない』として、ツイッター社に削除を命じたのです」