昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

フェミ男、めちゃイケ、筋肉、22歳差結婚……武田真治47歳が活躍する理由

 俳優・タレントの武田真治(47)が7月1日、結婚した。「喧嘩しない関係がとても居心地がいい」という相手は、モデルで歯科衛生士の静まなみ(25)。年の差22歳の交際は、4年前に始まったという。

「当時、武田がレギュラー出演していた『めちゃ×2イケてるッ!』(フジ)で、『歯科衛生士の女性を好きになった』と実質、交際宣言。今年1月には億ションでの同棲生活を『女性自身』が報道。デビュー30周年という区切りの時期に結婚を決意した」(芸能デスク)

昨年は「凪のお暇」(TBS)でおネエキャラも披露した

 武田は高校在学時の1989年、「第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞。翌年に俳優デビューし、「南くんの恋人」(テレ朝)などの連ドラで主演を張る一方、得意のサックスを活かし、音楽活動も繰り広げた。

「いしだ壱成(45)とともにフェミニンなファッションに身を包む美青年=“フェミ男”の代表格だった。私生活は肉食系で、かつては共演者キラーといわれた。噂レベルでは国仲涼子(41)、滝川クリステル(42)らとの仲が騒がれたし、6歳年上の江角マキコ(53)とは半同棲。97年、江角が前夫との離婚の2カ月後に武田との“路チュー”を撮られる一幕もあった」(同前)