昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

彼女のために用意した、完璧なデートプランが狂い出す……ウディ・アレン最新作「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

ニューヨークの裕福な家庭で育ったギャツビー(ティモシー・シャラメ)は、嫌いな母親から逃れるために、自然に囲まれた大学でギャンブル三昧の日々を送っていた。退屈な毎日の癒やしは、恋人のアシュレー(エル・ファニング)の存在だ。ある日、彼女が学生新聞の記者として、ニューヨークで著名な映画監督ポラード(リーヴ・シュレイバー)にインタビューをする機会を得る。ギャツビーはアリゾナ育ちのアシュレーに生まれ育った街を案内しようと意気込むが、スター俳優のフランシスコ・ヴェガ(ディエゴ・ルナ)や脚本家のテッド(ジュード・ロウ)の登場で、完璧なはずのデートプランは早々に狂い出す。

〈解説〉

『女と男の観覧車』に続く、ウディ・アレンの脚本・監督作。運命に翻弄されるカップルを描くロマンチック・コメディ。92分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆NYの名所案内じみたロケが嬉しいような恥ずかしいような。E・ファニングがやっぱり目を惹く。“本命”に納得いかず。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆私生活の疑惑で窮地に立たされているアレンだが、作品は葬らないでほしい。悠然と腐り、淡々と朽ちる職人芸はさすが。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★☆☆恵まれた主人公の羞恥心を、シャラメが秀麗に演じているので何とか楽しめた。彼の母親の告白がピリッと効いている。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆クラシックな艶笑劇が旬の肉体に接ぎ木される。濡れたピアノ音と都市の情景のショーケース。この甘美に抵抗できない。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★☆☆銀色の雨に濡れながら酒だタバコだポーカーだとほざくシャラメ。時代錯誤のラウンジピアノと女と雨のNY。悪くない。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
©2019 Gravier Productions, Inc.

『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』(米)
新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開中
https://longride.jp/rdiny/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー