昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

三菱商事を抜いた伊藤忠 経営は"稼ぐ""削る""防ぐ"の「かけふ」

2020/07/28

 ファミリーマートの完全子会社化を目指すと7月8日に発表した伊藤忠商事。6月2日には時価総額が3兆7649億円となり、三菱商事を抜いて初の商社トップに躍り出た。

「三菱商事は資源部門の依存度が高く、石油などの価格の下落に影響を受けやすい。一方、伊藤忠は生活関連ビジネスに強く、相対的に選好された」(市場関係者)

 ただ、ウラがあるという。

「伊藤忠は昨年6月、2020年6月11日までに700億円の自社株買いを行うと発表したが行わなかった。5月も実施しなかったと6月1日に公表したことを受け、市場は期限目前でそろそろだろうとみて、株価が急騰したのです」(同前)

©iStock.com

 だが、伊藤忠は期限が来ても実施しなかった。その理由を、株価が上場来高値を更新しており、インサイダー取引規制への抵触を回避するためだったと6月12日に発表。同時に、来年6月までに700億円の自社株買いを実施すると表明している。市場も反応し、6月15日の終値は5月27日以来保っていた2300円台を割り込んだ。

「自社株買いしないことに法的な問題はない。ただ近年、500億円以上の枠を設定してやらなかったのは伊藤忠だけ。こうした“奇手”の横行は株主を裏切り、自社株買いの表明という行為への信頼が失われることになる」(大手証券幹部)