昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

有料会員600万人で“独り勝ち” 「ニューヨーク・タイムズ」に死角はあるか

 米国リベラル系メディアの代表格として知られるニューヨーク・タイムズ(NYT)紙の勢いが止まらない。2020年1~3月期で有料電子会員は、過去最高の46.8万人増となった。また月額15ドルだった電子版の購読料を17ドルに初めて値上げした。

 4月末時点で計600万人の有料会員のうち、電子のみの購読者は400万人を超す。日本で最もデジタル化に成功しているとされる日経新聞でも有料会員数は70万人。この数字がいかにすごいかがわかる。

 NYTのマーク・トンプソンCEOは「広告収入に依存せず有料電子会員を増やしてきた戦略が、新型コロナウイルスの中で実った」とコメントしている。

マーク・トンプソンCEO ©共同通信社

 成功の要因は、トランプ政権への鋭い批判と、デジタルに即したコンテンツ作りだ。トランプ氏がコロナ対策に遅れたことに対しては、1月下旬からトランプ氏が専門家の意見を軽んじていたことを政権の内部資料を基に明らかにした。

 また2月下旬、トランプ氏が「感染者は15名しかいない。すぐにゼロに近づく」と言っていたが、2000人の見えない感染者が主要都市に存在することを様々なデータを駆使し指摘。解析結果をビジュアルで示す異色のスクープを放った。

 トランプ氏に嫌気が差しているリベラル層は、NYTのクオリティの高い記事で溜飲を下げているのだ。