昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

清宮びいき、攻撃的2番、オープナー……日本ハム・栗山英樹監督の采配に疑問の声

 開幕からBクラスに低迷している日本ハム。指揮を執る栗山英樹監督(59)は、12球団の監督で最も長い9年目を迎え、球団としても大沢啓二氏を抜く最長記録を達成した。だが、球団関係者はこう声を潜める。

「さすがに長すぎで、チーム内は慣れとマンネリが蔓延している。かつてはセオリーや固定観念にとらわれない選手起用や采配が評価されていたが、今では“独善的”だという声が選手やスタッフから上がっている」

日本一1回、リーグ優勝2回は立派だが… ©共同通信社

 選手の起用法は、分かりやすいほどの“スター選手びいき”だという。

「中田翔の徹底した4番起用、大谷翔平の“二刀流”の成功体験を引きずっていて、新たなスター候補は結果が出ずとも試合に優先的に使われる。ある控え選手は『ウチはそういうチームなんで』と諦め顔をしていましたが、みんな白けていますよ」(日ハム担当記者)

 特に2017年ドラフトで7球団競合の末に引き当てた清宮幸太郎内野手(21)への思い入れは強い。

「6月27日の楽天戦で、杉谷拳士内野手が初スタメンで6番に起用されて本塁打を打つなど結果を出した。なのに、次の試合からはそれまでノーヒットの清宮がスタメンに入り、『さすがに杉谷が気の毒だ』とチーム内では不信感が募りました。清宮は守備の不安から一塁かDHでしか起用できず、打率1割台なのに使われており、ひいきと取られても仕方ない」(同前)