昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

40年間家事をこなしてきた専業主婦が“スーツケース1つ”で家出したら? 「ブリット=マリーの幸せなひとりだち」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

63歳のブリット=マリー(ペルニラ・アウグスト)は、仕事で忙しい夫のために、40年間完璧に家事をこなしてきた専業主婦だ。ある日、夫の長年の愛人の存在を知った彼女は、スーツケース1つで家を出る。職業安定所でようやく見つけたユースセンターの管理人兼、地元の少年少女サッカーチームのコーチの仕事のために、小さな村を訪れる。子育てとサッカー、どちらの経験もない彼女は、生意気盛りの子どもたちに手を焼きながらも、個性豊かな大人たちに助けられ、徐々に新天地になじんでいく。しかし、夫に居場所を突き止められてしまい……。

〈解説〉

フレドリック・バックマンのベストセラー小説を実写化。初老女性が第二の人生に踏み出す姿を描く。監督は俳優としても活動するツヴァ・ノヴォトニー。97分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆御都合主義的な展開だけれど、眠っている才能を次々と発揮してゆく様子、やっぱり楽しい。スッキリと明快な色使いも。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★☆☆脚本も演技も説明過剰で、冒険心の欠如は明らかだが、この凡庸は醜悪には陥らない。擬態と人工甘味料が抑えられている。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★☆マリーの片付ける技術と根気に敬服。口うるさいようで優しく見守る大人の存在の大切さが作品を包む。終わり方も好き。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★☆☆☆真面目な専業主婦の倦怠と自立、との主題はちょっと古いか。嫌味のない語り口だが、共感の回路の敷き方もおなじみ。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆ヒロインはアナキン・スカイウォーカーの母である以前にスウェーデンが誇る女優。彼女の再生と勇気と愛と甘さを味わう。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
© AB Svensk Filmindustri, All rights reserved

『ブリット=マリーの幸せなひとりだち』(スウェーデン)
新宿ピカデリー、YEBISU GARDEN CINEMA、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開中
https://movies.shochiku.co.jp/bm/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー