昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ビジネス, 経済, 国際, 働き方

100年で人口は半減…そう遠くない未来、中国で出稼ぎ日本人が爆増する

人口が減ることは悪いことか?

確かに国の経済成長という全体論で考えると、人口減少することでGDPとしてのトータルの値は減少するでしょう。これまでの内需主導型経済からの転換も余儀なくされます。しかし、同時に人口増加社会の悩みのタネの解消されることもまた、事実なのです。

その1つは「過密の解消」です。日本の国土は急峻で国土の67%が森林で、可住地面積は約10万3500平方キロメートルとなり、国土面積で見た場合の「北海道+鹿児島県+岐阜県」くらいのサイズです。このサイズの島に人口増加が続けば、人口過密の問題は物理的に深刻化します。一人あたりが持てるパーソナルスペースは極小化が続くことで、ストレスもかなりのものです。この過密の解消が人口減少で自然解消します。

また、人口減少で日本全体的な経済成長が低下しても、国民一人あたりの労働生産性はむしろ高まる可能性があります。そしてこの傾向は人工知能が単純労働を代替し、よりクリエーティビティや高い労働生産性が求められる、これからの新たな時代で迎合されるべき傾向と見る専門家もいるのです。

日本がこれから受ける“痛み”

なぜ、人口減少が労働生産性を高めるかというと、強制的に構造の改革を迫られるからです。エコノミストの原田泰氏の論文によると、労働力人口増加率の低い国もしくは減少している国ほど、労働生産性の伸び率が高いとあります。限られた労働力のリソースを節約するための技術革新やノウハウが促進されることで、より付加価値の高いビジネスへと誘引されるからです。

現在は人口を多く抱える内需主導型経済を前提として、ビジネス取引が行われています。ここから大きく構造転換が起こる「痛み」はあるでしょう。しかしながら、人口減少の問題は日本に限った話ではありませんから、見方を変えればいち早くこの少子高齢化、人口減少における有効なデータを蓄積し、対応を行うことでビジネスチャンスにつなげられる可能性もあります。