昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

受験生1人につき1000万円……“不正入試”東京医大のドンの「5億円マンション」蓄財術

 7月25日、東京国税局の税務調査で約1億円の申告漏れを指摘され、批判が再燃している東京医科大の臼井正彦前理事長(79)。

 金の出元は合格への“配慮”を求めた医学部受験生の保護者らで、臼井が受け取った謝礼は2018年までの5年間で1年当たり約2000万円と認定された。

東京地裁に向かう臼井前理事長 ©共同通信社

 社会部記者の解説。

「調査では保護者からの手紙などが見つかっており、謝礼の中には実際に手心を加えた受験生の分もあるとみられている。受験生1人につき1000万円ほど受け取っていたようです」

 臼井は東京医大を卒業後、学内で出世を重ね、03年に病院長、08年に学長、13年に理事長就任。“東医のドン”と呼ばれていた。

「85年には親族を役員に据えた『眼内レンズ』を取り扱う会社を設立。関わりの深い病院に卸して約10年で2億円以上の手数料を得ており、学内調査で問題視された。学長選の際には病院の利益の不正蓄財や、銀座での豪遊を告発する怪文書もまかれている」(同前)

“副業”で得た収入は不動産購入に回していたようだ。

「世田谷区に一軒家を持つほか、09年には渋谷区の約1億2000万円ほどの高級マンションを購入。理事長就任後の15年には新宿区のタワマン、17年には八重洲の新築マンションも購入。不動産だけでも5億円以上の資産があるとみられています」(経済部記者)