昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

舘ひろしに需要、神田正輝は難しい立場……「石原軍団」解散、それぞれの行き先

 来年1月をもっての解散を発表した石原プロモーション。創業者である故・石原裕次郎の楽曲の版権などはまき子夫人(87)が代表を務める石原音楽出版社が引き継ぐが、マネジメント業務からは撤退する。

 石原が1963年に興した同社は、浅丘ルリ子、黛ジュン、寺尾聰、峰竜太らを抱え、映画「黒部の太陽」、ドラマ「西部警察」などの制作を手がけてきた。石原の没後も、被災地などで行う名物の炊き出しで“軍団”の結束を披露していた。

 だが、事業規模は少しずつ縮小し、現在の所属俳優は渡哲也(78)を筆頭に8人。若手の神田穣(25)はすでに他社に移籍済で、「21世紀の石原裕次郎を探せ!」オーディション優勝者である徳重聡(42)も、早期移籍が有力視されている。

「“ポスト裕次郎”のプレッシャーもあり低迷していたが、『下町ロケット』(TBS)や今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』に出演するなど成長。まだ伸びしろもあり、他社も関心を持っている」(芸能関係者)

 黄金期を支えた渡、舘ひろし(70)、神田正輝(69)の“三巨頭”はどうか。

(前列左より)舘、渡、神田の“軍団三巨頭”

「かつて社長も務めた渡は、この数年、開店休業状態。持病もあり、俳優業は静かにフェードアウトが濃厚。事務所には所属せず、長く出演する宝酒造のCMだけは続けると見られている」(芸能デスク)