昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“激ヤセ”の真相を探ってみると……

「そんな窪田君が最近、バラエティ番組で『肉の代わりに大豆ミートを食べている』と話し、どんどん痩せているようにも見えるので『水川さんにストイックな食生活を強いられているのでは』とファンは不安がっているのです」(同前)

 ただ、水川は味噌や塩こうじなど調味料を手作りするほどの料理上手。普段の食事は動物性たんぱく質を控え、野菜を中心に一汁三菜を心がけているという。

「水川さんは好きな男性にはとことん尽くすタイプ。『炊き立てのご飯が好き』という夫のために毎日のように土鍋でご飯を炊いている。“激ヤセ”と言われたのは窪田さんが映画でボクサー役を演じるために身体を絞っていたからでしょう。水川さんは赤身肉やささみの料理を作って、役作りをサポートしていたそうです」(テレビ局関係者)

水川と窪田は2年の交際を経て結婚  ©AFLO

 水川が出演したドラマのスタッフがその腕前を語る。

「炊き込みご飯のお握りやスープ、自家製のぬか漬けなどを差し入れてもらいました。どれも本当に美味しく、共演者の間で奪い合いになるほどでした」

「エール」の現場では「嫁さんが作ってくれたんです」と、茶色いお握りを笑顔で頬張っているという窪田。

「腰が低く誰とでも気さくに話すので現場の評判は抜群。スタッフの配置ミスでNGが出た時も笑顔で『なんか、すみませーん』と謝り、場を和ませていました」(前出・テレビ局関係者)

「エール」では作曲家役を熱演(NHKより)

 前作の朝ドラ「スカーレット」の主演・戸田恵梨香(31)は水川の親友でもある。

「朝ドラ恒例の次の主演へのバトンタッチセレモニーで、戸田さんから窪田さんに信楽焼の夫婦茶碗が贈られました。窪田さんは『嫁さんも喜びそう。二人で使います』と嬉しそうにはしゃいでいましたね」(同前)

 胃袋を掴まれ、満たされている夫に心配はご無用。

2020年上半期「男性芸能人部門」BEST5 結果一覧

1位:山田孝之と真剣佑「美女密着デート」「美ら海クルーズ」“来県自粛”の沖縄でバカンス満喫《現場写真》
2位:「お前、ナメてんのか!」志村けんがファミレスで激怒した「忘れられないあの事件」愛弟子が初告白
3位:《約束のキスしたからね》芸能プロ最大手「ワタナベエンタ常務」が所属アイドルと“わいせつセクハラ”1年
4位:窪田正孝“激ヤセ”? 5歳上・水川あさみとの新婚生活がちょっとすごい
5位:ホラー漫画家・楳図かずお(83)赤白の「まことちゃんハウス」が庭木伸び放題で廃墟寸前? 本人は……

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー